Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまワシントンDC

アメリカ暮らし

急減したフォロワー

フォロワー急減って、わたし自身のことじゃない。減るほどいない。 ある学者(けっこう著名なひと)が朝ツイッターを開いたところ、自分のフォロワーがいきなり500人減っていて驚いたという。 俺ってばいきなり不人気?! 急いで調べてみたところ、消えた…

ペニーさん、脳にアレが突き刺さる(笑)

我が家ではアレをふんだんに備蓄しており、ペニーさんの動向を見ながら次々に投入しています。 【音が出ます】 ほんとこの子はキューキューが好きで、調子のいいときには20分でも30分でも鳴らし続けます。音が脳を突き刺してくるんでしょうね。人間でい…

生きるんだ!芝生ぅ

我が家からワシントンDCの中心部まではクルマで15分。それほど近ければ繁華な街になっていても不思議ではないのだが、なぜかうちの界隈はガランとしている。 いつも散歩する道路の沿線は、地下鉄の2駅ぶんくらいの距離にわたって未利用地が続いており、…

来年は見られない秋?

こっこ、こっこ、こっこでぇーす! と忍者ペニーが活躍する季節。春もいいけど、自分は秋のほうが好きかなー。暑さにさよならできたことの喜び、澄んだ空気、紅葉、やがて来る雪。そういうワクワクがあるから。 このアメリカ東海岸の秋をかなり気に入ってお…

日本人の多くが聞き流したかもしれないひとこと

こんなに清々しい日なのに・・・ 口に苦いお話を一席。 野田元総理による追悼演説が話題になった。ここまでやるのかと驚くほど踏み込んで故安倍晋三氏をたたえる内容に、安倍ファンならずとも感動したひとが多かったかもしれないが、わたしには少々苦い思い…

聞く力、鬼のごとし

妻の職場さがしに、一応の結論が出た。まだ内々定みたいなもので、最終的に承認される前にひっくり返る可能性はあるが、ここまでのところ戦果ゼロではなかったことが嬉しい。 「あたしもー」 3ヶ所からオファーをもらった。いずれも椅子が1個しか空いてい…

ゴルバチョフ氏のおもひで

ゴルバチョフという人物がこの世を去ったとき、わたしが思い出したのは、その穏やかな眼差しと声だった。 自分にとってマスコミで働いてきたことの最大の利点は、数多くの著名な人物に会えることだった。政治家、作家、経営者、芸術家、スポーツ選手、芸能人…

いつか刺されるぞ

夕陽に映えるペニーさんを鑑賞しながら近況報告。 9月、2週間あまりペットシッターさんに預けたところ、なぜか300グラムほど増量して帰ってきた。エサは1回分ずつ小分けにして預けたし、オヤツはたいして減っておらず、送られてきた写真によればちゃん…

信じられんくらい長いやつ

朝、頭上を通過していったV字編隊。 にぎやかに鳴きかわす声はカナダガンに違いない。北米ではざらに見る大型の渡り鳥で、冬が近づくと北方から飛来するが、一部は暖地に住み着いており、ポトマック川などの水際で年中見かける。かれらが草地に落とす緑色の…

録画してでも観とけ

愛とは、夫婦とは、生きることとは。 そうした人間としての大切なテーマが近ごろは心のなかで擦り切れているなあとお思いのあなた、この番組は録画してでも観る価値あります。 新日本風土記「銚子電鉄 とっぱずれの旅」 中盤に出てくる「駅で草花を育てるお…

置き去りにしないでくれ

日本ではマイナンバーカードが実質的に義務化される流れで、これは基本的に良いことだと思う。「マイナ」は健康保険証・運転免許証と一本化されるのだそうで、そうなれば国民にとっても行政にとっても便利にちがいなく、さっさと進めればいい。 個人情報を国…

そんなもん突っ込みますか?!

銀歯が取れた。歯医者でえらい目にあった。 新しい詰め物をつくるための型取り。以前だったら柔らかいプラスチックみたいなのを押し当てる「印象」という手法だったのが、今はなんでもデジタルで、三次元スキャナーを使う。 これを口に差し込み、歯の表側・…

新品にしか見えねえ

アパート管理室から住民全員へのメールは「自転車始末するでえ」という告知だった。 自転車置き場が満杯になって出入りしにくくなったので整理する。チャリの持ち主にはステッカーを渡して貼ってもらい、ステッカーなしのものは放り出すというのだ。 その期…

強盗に遭いにくい地域で

うちのクルマは不幸だ。 ブリュッセルでの10ヶ月間、洗車してもらったのはたったの2回(もしかしたら3回)。それからアメリカに届くまで2ヶ月間のほとんどを港で野ざらしで過ごし、どんな潮風に当たっていたのやら。受け取ってすぐに洗ってやりたかった…

家族はつらいよ

妻が思いっきり出遅れた職場探しレース、今のところ地域でいうとアフリカとアジアを狙っている。 いくつかの候補国のなかに、東南アジア某国がある。どんどん豊かになっているこの地域のなかでは経済成長がゆっくりしており、一般のイメージとしてはかなり田…

お尻ふりふりしながら

このところ、最低気温10℃ほど、最高気温20度ほどという穏やかな秋を楽しめている。 全米どこでもというわけではなかろうが、わたしが目にする範囲の都市は花が多く、街路樹のあいだの植え込みや大きなフラワーポットが季節ごとに色づく。 花にお金をかけ…

おめでとう!3歳だね

ペニーが3歳の誕生日を迎えた。 生後6か月までサウスカロライナで野犬生活。保護され、殺処分をまぬがれてレスキュー団体に引き渡され、ワシントンDCへ連れてこられた。当時の姿を振り返るといかにも幼く、こんなチビ助が野良犬としてどうやって生き延び…

絵本と涙

去年の秋、日本にいる姪っ子が二人目を産んだので何かプレゼントしたいと申し出たところ、アメリカの絵本が欲しいと言ってきた。幼いうちから英語に親しむチャンスを与えたいという親心。 そこで妻がむかしお世話になった定番絵本などを見つくろうことにした…

キーウに転勤?!

職場探しに必死のあなたに朗報!今すぐ応募すればど楽勝で転勤決定!という任地がひとつ存在する。 それはキーウ。 2月、ロシアの侵攻が始まって以来、キーウの出先機関では職員・家族の国外退避が相次ぎ、体制を縮小せざるを得なかった。そして今、ウクラ…

壊れたレコードを相手に

民泊開業にむけての作業は、役所への煩雑な許可申請は時間が解決してくれるし、設備の充実はお金が解決してくれることだけれど、意外なところにめんどくさい問題が潜んでいた。 うちの敷地と隣地の間には20cmほどの段差があり、うちのほうが低い。 右が…

やっとのことで運動場

1号2号の仕事の遅いこと遅いこと。家財の到着から10日あまり、ようやく未開封の箱がなくなり、続いて様々なモノで埋め尽くされていた床がだんだんと姿を現わしてきた。きのう、最後のひと頑張りの末、ペニーさんの運動場が再オープンとなった。 カーペッ…

ペニーとの交換条件

午後1時、1号のスマホがピリリリと鳴ると、ペニーがそわそわし始めます。 「あっ、あれだよね?!」 そうだよペニーさんの大好物チュールの時間だよー。 んぐんぐんぐ・・・ と10秒ほど舐めたところでチュールが引っ込められ、入れ替わりでペニーさんに…

来年の職探し難航中

先月末、ようやく新しい職場での仕事が始まったのと同時に、妻が急いでスタートを切った件がある。それは来年の職場探し。 すでに何度かここで触れたが、彼女の転勤先は人事部から降ってくるものではなく、自分で見つけなければならない。まず世界中の任地の…

想定外のロングラン

ハリケーンの影響でぐずぐずが続いた天気も、ようやく一区切り。10日ぶりに青空を見た。 ところでペニーさんご愛用の棒切れは、去年の今頃くわえて歩いていたあのスティック。材質がずいぶんと硬いせいで、ガリガリ齧ってもアスファルト路面で激しく転がし…

ペニーさんにしつこく迫る

ハリケーンの影響で体の重い日が続き、ペニーも1号2号の足もとで丸くなっていることが多い。 そのまま静かに過ごしたいのだろうが、なかなかそうはさせてもらえない。 仕事に飽きた1号2号が入れ替わり立ち替わりやってきてワシャワシャするから。 ヒトは動物の…

ベッドにつらいお別れ

ハリケーン「イアン」のフロリダ上陸(9月28日)から一週間、はるか北のバージニアではぐずぐずの天気が続いている。もちろん文句など言うつもりはない。100人以上が亡くなったフロリダのことを考えれば、停電ひとつ起きなかったこっちは天国のような…

棒さえあれば

予報では一日雨だったのが、曇りベースでいけそうな本日。 9月に入ってぐっと気温が下がったおかげで、1号は汗をかかずに散歩できるだけでなく、ペニーさんに約束した棒投げ遊びをたっぷりできるようになった。嫌がる爪切りをせずとも、少しずつ短くなって…

戦慄の美容師不足

さすが日本!と思ったのは、レストランのタブレット注文がすっかり普通になっていたこと。 コロナ以前に一部の回転寿司などで導入が始まっていたものが、一気に広がったのだろう。機械が相手じゃ・・・というひともいるだろうが、個人的には歓迎。いちいち店…

ペニーさんったら

ハリケーン「イアン」影響下の朝。 小雨ともいえない霧雨のなか、全力でやる気なし。 このあとだましだまし連れ歩き、お仕事済ませていただく。 帰宅後もどんより。 雨天だけじゃなく、低気圧が苦手? それなら飼い主とぴったり一致。 今日はゆっくりペース…

妻、カウンターパンチを決める

妻が昇進した。イエイ。 係長→課長とかいうのじゃなく、ヒラだけど職員等級がひとつ上がった。 妻は他省でのキャリアをもって入省したので、最初から中ぐらいの等級でいたのが、ひとつ上がったというだけのことだが、今回の昇進には重要な意味があった。大雑…