Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

ベルギー暮らし

妻ロンドンへ。ペニーに異変

朝、ペニーのう〇ちに異変が見られた。かなり柔らかいうえに粘液が多く、赤いものも混ざっている。 わたしたちはロンドンに用事があり、ペニーをペットホテルに預けていく(イギリスはペットの入国規制が厳格)つもりだったが、これでは置いていけない。引き…

鳥肌モンの演奏会(音楽の都ザルツブルク)

オーストリア旅行のハイライト、ザルツブルクにやって参りました! 神童の名をほしいままにしたモーツァルトが生まれ育った音楽の都。 そのことを痛感させてくれるのは、路地にこぼれ出るピアノの音色とかではなく、レストラン・菓子屋・土産物屋の店先でセ…

脱ブリュッセルはイバラの道?

妻が買ってきた胃薬を、なぜかわたしのほうがどんどん服用している。 妻は悪魔から身を守るためブリュッセル脱出を決意したのだが、通常の人事手続きではかなり難しいことがわかってきた。 悪魔の所業を告発して戦おうにも、敵は省内の強力なコネと悪知恵を…

ザルツブルク 陽気な女将の宿(オーストリア)

ペニーと一緒に出発した列車旅は、楽しいハンブルク滞在のあと遥かに南下し、オーストリアをめざす。 ヨーロッパの田園風景っていいよね。 一面の農地にテーマパークのように見栄えする集落が点在し、いつか住んでみたいと思う。 ハンブルクからザルツブルク…

中山俊宏さんの逝去を悼む

深夜に訃報を目にして飛び起きた。 慶応義塾大学教授で国際政治学者の中山俊宏さんが亡くなった。 55歳の働き盛り、日々のワークアウトのたまものか、びしっと筋肉のついたお体がとても元気そうだったのに、くも膜下出血により急逝。 専門とするアメリカ政…

今後30年間の不幸確定ロシア人

プーチン演説は、肩透かしな内容だった。 世界が注目した対独戦勝記念日、「戦争状態」を宣言して勇ましく国民を鼓舞するどころか、逆に言い訳がましい話が目立った。 相変わらず「ネオナチとの対決」という与太話と、「NATOが挑発してきたから」という…

あれやこれやでクスリ漬け

俳優のいしだ壱成さんがトルコで植毛手術を受けてきたことが話題になっている。 若々しく見えたいという彼の願いがそれでかなうのなら、こんなにいいことはない。 いしださんが手術を受けた直後は、おそらくこんな感じの姿になっていたと思う。わたしたちが…

10年越しの宿題、かたづく

長い列車旅で最初に降りたのはケルン。 実はわたしども、ケルンには長年の遺恨がございましてな。2012年いらい幾度となくこの街に足を止めながら、世界最大のゴシック様式建築ケルン大聖堂(世界遺産)に入ったことがないという珍しい人種だった。 列車…

お医者さんもツライよ

春めいて、街の景色が明るくなってきた。 いつもの公園に人出が復活するなか、この日いちばん目立っていたのは・・・ ホームレスのひとたち。 ビル陰などで冬をしのいできたのだろう。毛布敷いて寝るにしても、芝生は柔らかいからねえ。 2022年のホーム…

壮大なる列車旅の序章

5月の休暇はヨーロッパの外を予定していた。精神的にも肉体的にもかなり煮詰まった妻の「ひたすら温かい海にひたりたい」という希望をかなえるべく、南洋を目指していた。 ペニーにはおいそれと空路の旅をさせられず、申し訳なけど留守番してもらうことにし…

めちゃくちゃ腹立ってる

うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお…

ペニーちゃん、ちっちゃーい!

ハンブルクの駅でわたしたちを迎えてくれたのは友人Cさんと娘のKちゃんだった。 そのとき驚いたのは、初対面のひとには必ず吠えるペニーがワンともスンともいわなかったこと。ふだんは一通り吠えたあと、オヤツをもらううちなんとか落ち着いてくるというの…

プーチン去ったとて

悲観的なハナシです。 ロシアで政変が起き、暴走プーチンが皇帝の座から滑り落ちたとしたら、現在進行中のゴタゴタは収まるだろうか。 新たなロシア政府は「侵攻は間違いでしたゴメンナサイ」と反省してウクライナから兵を引くだけでなく、2014年にウク…

爆笑出島立入禁止事件

帰宅して地下駐車場に入ってからの立ち往生。 行く手に新しいシャッターがあり、これを開ける方法がわたしにはない。 精密なイラストで説明しよう。普段はシャッター①から入場して、左奥の出島へと進む。 ところがこの日は、以前には存在しなかったシャッタ…

ペニーさん、ちょっと人が変わる

人じゃねえなワンコだな。 オリーブとはまずまず平穏な関係で同居がスタートしたわけだが、いくつか心配はしていた。たとえば食べ物やオモチャの取り合いでガチ喧嘩なんてのはワンコにありがち。 でもペニーはいい子だからか弱虫だからか、オリーブにオモチ…

グーグルから大切なお知らせあって

ブログを書き始めてから12年たった。日記のほか世間さまに向かって言いたいことを書くだけ、商売っ気ゼロのブログだったけど、思うところあって2年前「収益化」というのをやってみた。 グーグル・アドセンスという仕組みで広告を表示し、読者が広告をクリ…

オリーブの飼い主さんのこと

オリーブを預かるにあたっては、ちょっとした事情があった。 「ペットの預かり互助会」みたいなオンライン掲示板に登録していたら、オリーブの飼い主Bさんから連絡が来た。家族旅行にあたりペットホテルを予約したが、最初の数日間は空き室がなく、預かりの…

NHK、カゲキな特集ぶちかます

YouTube タレントだと思ってた兄ちゃんがNHKニュースに出まくってて驚いた。 小原ブラス(こばら・ぶらす)というこのひと、Wiki によれば 92年ロシアのハバロフスク市で生まれ、5歳から日本の兵庫県姫路市で育った。「関西弁を喋る面倒臭い性格のロシ…

オリーブをめぐる疑問

オリーブと散歩して驚かされたのは、その凄まじいばかりの悪食ぶり。 路上に落ちているものならなんでも、明らかに食べ物じゃないものにすら食いついていく。 ペニーもその傾向は強いが、強くリードを引っ張ったり No! と言ったりしながら禁止行為であること…

手術と投薬と・・・

オリーブちゃんがわが家に来て初めての朝、カーペットの上で事故っちゃったところまで話した。 それは前夜9時の散歩から11時間後のこと。これくらいペニーだったらまったく平気だが、オリーブにとっては限度を超えていた。 この子のトイレ間隔が短く、散…

の、濃厚接触者?!

日曜日、妻の職場から不幸の手紙(電子版)が来た。 土曜日にエライひとがコロナ陽性と判明し、その濃厚接触者だった職員に向けてのものだった。 「そういうわけなので火曜日に検査を受けてください」 というのだが、なんで月曜日じゃねえの?と思いながら落…

わが家にコーギーが来た

それでは早速ご紹介しましょう、オリーブちゃん(仮名)。 なぜ仮名なのか、その理由を明かすときがいずれは来ると思いますが、それは人間がらみのイヤラシイはなし。 さて、オリーブはメスのコーギー。 妻の知り合いの飼い犬で、一家が旅行に出るあいだ預か…

19世紀の闇にただよう亡霊

このようなものものしい椅子のある部屋で・・・ コロナワクチンのブースター、2回目を打ってもらった。翌日から副反応のためかなりダルかったが、一説には副反応の強さと免疫効果は比例するともいわれており、ここは都合よくその説を信じて少し安心しながら…

ペニーさん、〇〇装着

4月に入ったとたんに雪が来た。 雪を見ただけでウキウキするわたしと違い、ペニーは外に出た瞬間「帰りましゅ」モードに。 ぐずぐずするのを引っ張っていってお仕事してもらうのは、やっぱりムゴイこと?トイレなんてあと半日待ったって大丈夫なんだけどね…

ペニーさん、お見合い失敗

桜と相前後して街路の花がどんどん開き始めた。 実はこれを撮った3日後(4月1日)に雪が降ったり、そのあと最低気温がマイナス3℃まで下がったりと、まだまだ不安定。 けれど時計はとっくに夏時間に突入しており、どんどん日が長くなっている。ブリュッセ…

パリは食い物がうまくねえ、というウワサ

フランスでうまいものを食いたかったら田舎へ行けという箴言を耳にしたことがある。 裏を返せばパリのレストランは(星がつくような高級店は別として)あんまり期待しないほうがいいってことだが、はたしてそうなのか。 わたしたちは3泊4日の滞在中、いく…

ペニーさん、突如としてスタイル変更

ここ数日、散歩中のペニーの行動に異変を感じている。 街路樹などに向かって片足を上げる男の子スタイルではなく、草地でお尻をスイッと下げておしっこする女の子スタイルになることが増えてきたのだ。 おやペニーさん、マーキング欲求が薄まったの? ペニー…

おれの感覚がおかしいのか

バイデン米大統領が「(プーチンを)権力の座に残しておいてはいけない」と発言した件、他国の体制転換を語るのはアウトという至極もっともな声が多く上がっている。 昔から失言の多かったバイデンが勝負所の局面でやっちゃったね ┐(´д`)┌ヤレヤレ という話。 …

フォーション・ホテル・パリで残念だったこと

パリでは紅茶やクッキーで知られるフォションが運営する Fauchon L'Hôtel Paris に滞在した。ほんとは3泊したかったけど、1泊目の土曜日がバカ高くて他のホテルにせざるを得ず、フォションは2泊となったことを最初に告白しておく。 部屋のグレードは下か…

パリ北駅、胸しめつけられた光景

うちの近所の駅から特急列車に乗ると、1時間40分ほどでパリに着く。 この日(3月19日)、フランスのコロナ感染者数は9万8000人を数えていたが、パリ行きの車内はそこそこ混んでいた。陸路での入国制限はなく、誰でも旅することができる。 ベルギ…