Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ 現在ダッカ(バングラデシュ)

アメリカ人の命なんてどーでもいいっ!

トランプ政権はアメリカ国民にワクチンを分配する計画をまったく作っていなかったことが判明し、発足したばかりのバイデン政権が計画をいちから築き上げる手間を強いられているとCNNが伝えているが、うちではまったく驚いていない。 ずいぶん前から妻の職…

土壇場のバングラデシュ点景

出発が10日後にせまり、準備に慌ただしくしながらも、ダッカでの暮らしの風景のあれこれに思いを馳せている。 うちはたった2年の予定のところ、さらに縮まって1年3ヶ月の「滞在」にすぎなかったし、国内旅行が禁止されていたせいで、この国の何を見聞き…

クルマさん、譲渡を拒否?

ダッカではこれが最後かもう一度あるか、食品の買い物に出かけようとしたら、クルマが故障していた。 エンジンの冷却水漏れ。このまま運転するとオーバーヒートを起こして止まってしまう。 故障って重なるときには重なるもんやね。 運転手Pさんがだましだま…

レディ・ガガの「星条旗」に感動

昨夜の大統領就任式、さわりだけ見て寝るつもりが、ベッドに持ち込んだスマホをOFFにすることついになく、結局最後まで見てしまった。 妻は最初から最後までグスグスと泣きっぱなしで、国家に仕える者としてトランプの出鱈目な「政治」に振り回されただけ…

恋の値段は3000億円

早稲田で「恋愛学」の講義をして吉本興業に文化人枠で所属するというオモロイ先生がおってですね、こないだNHKに出演して話していた内容がオモロかった。 20歳前後の学生にアンケートをとったという。 「あなたの恋人の親が出てきて、お金はいくらでも…

わたしたちが家財を失うリスク

サラリーマン時代に溜まった名刺を捨てた。 もちろん捨てる前にデジタル化して、パソコン本体・外付けハードディスク・クラウドの3か所に保存したが、いちばん古いもので40年近く前の名刺だから、組織に属していた人もたいていは退職、あるいはすでに他界…

一件落着した件、しない件

いきなり別件だけど「アメリカのほう」にたわごとをアップしたので、そっちもどうぞ! で、待ちに待った航空便、到着っ。 わたしの腰ぐらいの高さ、重さ75キロの箱がエッサホイサと運び込まれてきた。 空港の運送労働者は力自慢が多く、こんなにデカイ荷物…

逃してしまったチャンス

今から3日しか楽しめない「時計」がある。 史上最悪の米国大統領がホワイトハウスから去るまでのカウントダウン。 アメリカを愛さず、人間を愛さず、あるのは巨大な自己愛のみ、自分を大きく見せるための嘘を愛し、恥を知らないトランプのことだから、常人…

今でしょ!買うなら

淡水真珠を買い足すため1週間ぶりに街へ出たとき、地味にショッキングなものを見た。 バングラデシュの交通をになう3輪タクシー(燃料の圧縮天然ガスCNGの名で呼ばれている)がうじゃうじゃ走っているんだが、横に停まった一台の運転手さんが、目の前に…

クルマさん、逝く

11月の一時帰国でびっくりしたのが首都高だった。 浦島太郎のわたしのなかで首都高の料金は600円だったのが、いきなり1320円もとられて軽くパニクった。 理由はETC(料金自動支払い機)を使えなかったこと。レンタカーにETCの装置はついてい…

ペニーさん、夜中に予想外の行動

いまペニーと一緒に暮らしているのは賢いお嬢さんポリーと、天然ガールのグレースちゃん。 中)グレース 右)ポリー ポリーは他の2頭を「アホ」とみなし、より人間に近いポジションに自分を置いているらしい。 飼い主Cさんのことを一番わかってるのは古参…

届かない荷物

ダッカから送り出す荷物の仕分けにちょっとした支障が生じている。 11月にアメリカから送った航空便が届かない。 通関などに手間取ったとしても普通は1ヶ月で着くところ、すでに2ヶ月が経過。 こいつが来ないと荷造りが完了しない。 というか、わたした…

ディスカウント拒否されちゃった

ダッカ出発までにクルマを売らなくてはならんのだが、大きな問題があった。 当地では駐在員の減少にともないクルマ余りが起きているともっぱらのウワサで、それが事実なら大幅な値引きでもしないかぎり売れないかも・・・ いささか悲観的になり、弱気な値段…

急いで買え!な週末

画商に額縁を注文したあとに向かったのは、ダッカの銀座、グルシャンという繁華街。 銀座らしく砂地のうえでプロレスする子犬たちが迎えてくれた。 この投稿をInstagramで見る ふたりづれ(@sumebamiyaco2019)がシェアした投稿 連れて帰っちゃおうかと思うく…

妻が触れなかった「あること」

ダッカを離れるまでの課題が、思いのほかスムーズにクリアされて驚いている。 うちの掃除やアイロンがけをしてくれる家政婦Nさんの次の働き口のことだ。 いまダッカでは家政婦や運転手の多くが仕事にあぶれている。雇い主である外国人がコロナのためバング…

画商の店に駆け込んだ理由

自宅隔離が終わり、妻は何度か出勤したものの、わたしは外出する機会がなかった。 別に出かけたいわけじゃないが、この週末は用事があり、初めて街へ出た。 この投稿をInstagramで見る ふたりづれ(@sumebamiyaco2019)がシェアした投稿 子犬はいつでもどこも…

これは悪あがき?!

いきなり見苦しい写真だが、うちの床はこうなっている。 下半分が薄黒く汚れているのがわかるだろうか。数日放っておくと、ねとっとした黒い煤(すす)がこびりつく。白い部分はカーペットに覆われていたところで、ずらした瞬間ちがいが一目瞭然。 何度も書…

御祝儀袋にサヨナラ

結婚から20年、ここまで8回の引越しがあり、そのたび断捨離を心がけてはきたが、捨てづらいものってあるよね。 ご祝儀袋なんてのはそのひとつで、ついにダッカまで持ってきてしまった。 このたびついに廃棄することとなったわけだが、その決断を後押しし…

世界一邪悪な飼い主

ペニーはCさんに預ってもらって本当にラッキーだったと思う。 首輪をいくつか新調してもらっただけでなく、クリスマスのプレゼントも頂戴し、二頭のお姉ちゃんたちと楽しく過ごしているもよう。 ただひとつ陸上部合宿なみのハードな散歩には、ついていくの…

竹の棒がヤブから棒なダッカの道路

ダッカに帰ってきてガッカリしたことのひとつが、隣のマンション工事現場。 去年3月にダッカを離脱する時点では2階の床までしかできていなかったのが、さすがに今では6階まで積み上がり、4階のわが家を圧するまでになっていた。 暗くてうるさい。いつか…

「逃げ恥」と納豆に関連なし

「逃げ恥」新春スペシャルの制作陣はエラかったと思う。 妊娠・出産・子育てをめぐる意識の男女間ギャップ、 選択的夫婦別姓、 育休制度、 同性婚、 結婚しない生き方 といった結婚をめぐる課題に幅広く触れながらも、無理なく面白く見せてくれた。 「逃げ恥…

マスク美人と下品なクルマ

日本へ行ったら、女性のみなさんがキレイになっていてびっくり。 ポリコレがうるさいアメリカにいささか長く暮らしたせいで、ひとの容姿をあげつらうことは憚られるが、まあそう思った。 美人さんが増えたと感じる理由はマスクだと、鈍いわたしにでもすぐに…

年初にキレてみる

紅白歌合戦を見ながらあっちゃあ... となった。 ジャニタレの子がコロナ拡大防止の若者向けキャンペーンをやった件が紹介され、3密を避けたりマスクしたりするのは 「あなたを守るため」 と訴えてきたというんだが、これは誤ったメッセージ。 「自分は大丈…

つらかったあのとき

紅白の視聴中、スマホの日記帳を開いていた妻がこう言った。 「前回のお雑煮、オットーが手伝ってくれたんだねー。そのことが嬉しかったって書いてある」 ダッカへ来てから食事の準備はわたしがやってきた(妻は朝7時すぎに出勤、12時間後の帰宅が初期設…

食料が届いた!そしてお金も?!

大晦日のきょう「おたくの口座に1200ドル、あした振り込むからねー」という連絡が銀行から来た。 追加の経済対策によるコロナ給付金(ひとり600ドル)。 この法案が21日に上下院で可決され、大統領が署名したのが27日、そこからわずか5日で国民…

日本はいいなあ

ペニーはお姉ちゃんたちによく面倒を見てもらって幸せそう。 現在Cさんは山荘のあるコネチカットから隣のメイン州(アメリカ合衆国の東の果て)に民族大移動している。 ワシントンDCの職場から離れる一方で、いったいいつまでリモートワークができるのか…

正直おじさんが届けてくれた

断捨離は日本でも着々と進めていて、去年秋の一時帰国では、実家に預けてあった衣服をたくさん処分した。 段ボール箱に詰め、途上国の援助団体に送ったのだが、そこに含められなかったものもある。 それは一着の皮ジャンパー。 以前わたしがライダーだったこ…

引越し準備にちょっと焦りながら乾燥糸こんにゃく

先週の帰宅いらい、1月の引越しに向けた準備で忙しくしている。 ブツの仕分けにけっこう頭を使わなくてはならず、なぜかわたしはそっちが不得意分野のため、妻のお手伝いをしているだけだが。 荷物はいくつかのカテゴリーに分かれる。 1.捨てるもの 2.…

なまってないガールズ

日本滞在中に見たテレビ番組の内容に耳を疑った。 フェイクニュースとかではない。 高校生が何人も出てきてしゃべっているのだが、その子たちに訛(なま)りがまったくないことに驚いたのだ。 その高校は何をかくそうわたしの郷里にあり、生徒たちの普段の会…

ペニー、禁断の行為をついに・・・

ペニイィィィィィ! 思わず声をあげてしまった。 ぴょこぴょこぴょこ・・・ Cさんから送られてきた写真には、ペニーがグレースにのしかかり「あの行為」にはげむ様子がしっかり記録されていた。 わたしたちはペニーのジェンダーについていささかの問題も感…