Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

保護犬ペニー

ペニーさん、いつのまにか進化してた

日々ほんのすこーしずつしか変わらないものって、変化に気づかずにいることが多いよね。 2週間ほど快晴の日が続いたあと、久しぶりに雨になった。 雨といえば、ペニーにとって鬼や借金取りに並ぶ不得意科目。やれやれ今日はお仕事してくれるだろうかと思い…

ついに来た!禁止措置

コロナによってわんこを取り巻く事情も大揺れしている。 ステイホームのつまらなさを紛らわせる目的でイヌを飼い始めたひとがゴマンといて、その後「こんなつもりじゃなかった」「もう飼えない」といって放棄される子が世界で激増したなんてのは最初からわか…

地球サイズのささやかな幸せ

矛盾感満載のタイトルになってしまった。 どういうことかというと、航空便で送り出していた荷物が届いた。 アメリカからブリュッセルまで標準で4週間と聞いていたのが3週間で着いたのだが、仮住まいのホテルに持ち込まれてもどうにもならんので、アパート…

ペニーさんから強い要求

散歩コースになっているいくつかの公園のうち、ある場所へ行くとペニーは動かなくなる。 かなり頑固で、強く引っ張っても全力で抵抗するのだが、それは彼女がこの茂みのなかに棒切れが隠してあることを知っているからだ。 「この公園の、このあたり」へ来た…

ペニーのことが嫌いなひとたち

東欧やアフリカからの移民の姿を見てきたが、ベルギーには中東からもたくさん来ており、たとえば我がホテルの部屋を週に一度掃除しにくるおばちゃんは見かけや名前からして間違いなくアラブ系だろう。 このひとFさんとわたしたちのあいだにはひとつ問題があ…

ブリュッセル、説明のつかない現象

まずはブリュッセル物価事情の続き。 また野菜じゃねえかと叱られそうだが、仮住まいでモノを増やすわけにもいかず、ほぼ食い物にしかお金を使っていない。日曜マーケットでの買い物は、 ■ 野菜とリンゴ 11.20ユーロ(約1500円) ■ 赤い実のついた…

ペニーさん、怒涛の公共交通機関デビュー

車窓にかぶりつくペニー。 アメリカでは自家用車にしか乗ったことのなかったペニーだが、ブリュッセルでクルマが手に入るのはまだまだ先のことだから、徒歩圏外へ出るためには公共交通機関のお世話になる。 ブリュッセルでは、バス・地下鉄・トラム共通の M…

ペニーさん、ひさびさの豪快ジャンプ

朝の散歩からもどったら体重が200倍になって動けなくなり、ブログはコメント返しするのが精いっぱいというテイタラクのため、本日はペニーの近況についてごく短く。 ブリュッセル着から2週間たらず、ここまで封印してきた棒投げ遊びを堪能していただいた…

オサレな?ブリュッセル都心ライフ

ブリュッセルの新都心にはEU諸機関のビルがそびえ立っているが、もとはといえば集合住宅がどこまでもつらなる住宅地。 たとえばEU議会の裏はこんなふうになっており、ふつうのひとびとが住んでいる。 つまりこの界隈は、ステータスの高い旧市街の外側に…

ブリュッセル、イヌの散歩は危険?!

EU機関があつまるブリュッセルなんていうと味気ない響きになってしまうかもしれないが、ここは情緒ゆたかな古都。 まだ自主隔離中なので観光の目玉の旧市街まで足を運ぶことはないが、あっちは物価が馬鹿高いし、生活者としては今いる界隈のほうがいい。 …

ペニーさん、楽園を見つける

ブリュッセルに着いた朝、ぶっ倒れたいほど眠いからだにムチ打ってやらねばならんことがあった。 ペニーの「初仕事」サポート。だがこれから1ヶ月過ごすことになるホテルは都心部にあり、妻が徒歩通勤できることは有難いとしても、イヌの散歩どないすんねん…

ペニーさん、搭乗ゲート突破の偉業

ペニーは無事に機上のひとわんことなった。 この投稿をInstagramで見る ふたりづれ(@sumebamiyaco2019)がシェアした投稿 客室に持ち込めるぎりぎりのサイズで、体重が少しオーバーしていたから、チェックインカウンターで細かく計測されてOUT宣告されて…

パソコン破壊工作

3月にパソコンがお釈迦になり、新しいのに替えたわけだが、出発前に古いほうのやつを処分した。 本来ならNSA(米国家安全保障局)が推奨する方式で、どんな悪者でも再現できないレベルにまでデータを破壊すべきところ、今回はパソコン自体が立ち上がらない…

ペニーさん、おクスリ服用してみたら

診察や旅行など、ここ一番のときのペニーのストレスを減らすため、精神安定剤を試してみることになった。 朝、2種類のクスリを飲んでいただいた。 大好物のチーズにくるんでお出ししたところ、0.5秒で嚥下なさった(見事な食いつきぶり、動画がなくてザ…

ペニーさんが思わず反応してしまうもの

散歩中、向こうからやってきたひとにペニーが吠えかかった。 ペニーは、相手がものかげから急に現れたときには軽くパニックして吠えることが多いが、そのときはなぜ吠えたのかわからなかった。 あっ、ごめんね!と詫びたら、相手はこう言った。 「だいじょぶ…

ペニーさんごめんね、君を守るために

ペニーがベルギー入国許可を得るための健康診断へ行ってきた。 わたしたち以外のたいていの人間にガウガウする子とあって、クリニックにはいつも手間けるのだが、今回は幸いなことに飼い主1名に限って同伴が許され、妻が一緒に入った。 だからといってペニー…

ペニーさん、ついに頂点へ

生まれながらにして人間と触れ合うことが少なかったか皆無だったにちがいないペニーは、わたしたちとの間の垣根がとれていない。 敵でないことはすでに理解していると思うが、甘えるかどうかはその時しだい。 それでも最近はソファで過ごすことが増えてきて…

ついにノーマスク許可!

きのうバイデン大統領がうちに電話をくれて明らかにしたところによれば、アメリカでワクチン接種を完了したひとは家の外で必ずしもマスク着用しなくてもよくなった。 もちろんホワイトハウスが勝手に考えたことではなく、CDCがそのように発表した。 接種…

モヒカン刈りとペニーの減量

ドッグパークにカッケーお兄さんがいた。 お兄さんは、これくらいの長さのモヒカンヘアーをしていた。 資料写真 この写真とちがって髪が七色に染められているせいか、モヒカンにありがちなコワさは感じられず、むしろ穏やかな人格がしのばれるたたずまい。 …

ペニーさんの爪が・・・

こういう思わせぶり系タイトルはよくないな。ネガティブな話題じゃないっす。 3月にペニーが帰ってきた(帰ってきたのはわたしらか)とき、爪の長さに驚いた。 ただちに危険というほどではなかったが、切りどきが来ていた。 山や森で合宿してたのに爪が減ら…

ペニーさん、ちょっと痩せたもよう

本日のワシントンDC地方は重力が通常の2.5倍にまで上昇したせいでレーガン空港から旅客機が離陸できない、ナショナルズ対ダイヤモンドバックスの試合では投手が1バウントまたは2バウンドのボールしか投げられない、ペニーの召使いは散歩に出るのが精一…

減量命令、下される

ペニーをベルギーに入国させるための予防注射をしにいった。 お決まりの狂犬病やジステンパーのほか、聞きなれない病気2種類のを含めた混合ワクチンだった。 そのほか定期健診として寄生虫テストどうよという提案あったが、来月はベルギー到着後すぐに獣医…

ペニーさん、花飾りショットを拒否

副反応の余波と思われる倦怠感にひぃひぃ言わされながら暮らしている(それじゃなきゃ病気だわ俺)。 たったひとつサボっていないのはペニーの散歩で、仕事中の妻にはどうすることもできないので頑張って出かけているのだが、外でお日様に当たってくるからち…

ペニーさんに減量をお願いする件

ベルギーへの引っ越しまでおよそ1か月となり、いろんな準備を進めている(ほとんど妻の仕事で、わたしには手の出しようがなくて申し訳なし)。 心配のひとつは、ペニーのこと。 貨物として預けるのはできれば避けたく、客室へ連れていきたいのだが、ケージ…

ペニーさん、見事にだまされる

飼い犬が見えないふりをして名前を呼ぶと慌てて飛んでくるという映像をテレビで見て、さっそく試してみた。 ペニー! ペェーニー?! ペニーには決して目を合わせず、遠くを探すふりをすると、ペニーさん大急ぎでソファに飛び乗ってきた。 ウソでしょあたし…

ペニーさんを全力疾走させる方法

ペニーはこう見えてなかなかのランナー。 散歩ではオスのように小用で立ち止まることが多く、もたもたするばかりだが、いったん走り出せば実にうれしそうに駆け続ける。 この投稿をInstagramで見る ふたりづれ(@sumebamiyaco2019)がシェアした投稿 この動…

ペニーさんの検査結果(および引越し騒動)

ブドウを食べたかもしれない事件、ようやく検査結果が出た。 獣医さんと電話で話す妻の表情がすっと和らぎ、Thank God... というのを聞いて涙が出そうになった。 1回目の血液検査と3日後の検査結果を突き合せたところ、異常は見られなかったという。 ペニ…

大破した義両親のクルマ

残念ながらバージニア州のコロナワクチン接種は全米でも遅いほうらしいが、さすがに高齢者はほぼ終えているもようで、妻の両親もしばらく前に2回目を済ませたと安心顔。 写真の端にチラ写りしているクルマの件に行く前に、裏庭でペニーが見せた食いつき顔を…

ペニーさん、食べてはいけないものを口に?!

夜10時すぎ、そこらを遊びまわっていたペニーが何かをぺろりと口に入れた。 それがわたしにはブドウに見えた。 ブドウはイヌの肝臓を破壊するリスクがあり、絶対に与えてはいけないもののひとつ。 うちでは冷蔵庫からブドウを出すたび、「ペニーの毒やで~…

ペニーさん、ベトナム料理(おそらく)初体験

アメリカの労働者をうらやましく思う瞬間は、穴だらけの仕事をしても殺されることなく、ケロリとしていられること。 購入から半年たったクルマのオイルを交換するため、ディーラーへ行った。 日本の常識では、最初のオイル交換は無料なことが多く、それは無…