Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活~ただ今アメリカにコロナ退避中

保護犬ペニー

玄関の情事

今日は起きるなり地面にめり込んで消えていくんじゃないかと思うほど体が重く、ペニーの朝散歩は妻ひとりで行ってもらった。 しらばくゴロゴロしていれば復活するだろうと期待したが、なんと午後2時すぎまでベッドの中。 ようやく床から這い出し、しばらく …

ペニーのお見合い、成果は?

まずは本題とは無関係の悪いニュースで、これは体のなかに溜め込むと毒になるので吐き出しておこうと思う。 きのうワシントンDCからダッカに向けて出発した妻の同僚が、経由地のカタール空港からメッセージを送ってきた。 「待合室めっちゃ混んでて、マス…

公園で妙なもの拾った

うちではカメラを構えるたび、かならず チチチチ とやってきてフレームにおさまる子がいるため、ブツの単独写真はまず撮れない(笑) これは公園で拾った梅干し。 いやちがうな、梅干し似の石。 時節がらどこに危ないバイキンが潜んでいるかわからないし、そもそ…

ペニーが人参をかじるだけの動画なんて

そんなものわざわざ見にくる方がいらっしゃるとも思えないが、動画をアップしてみた。 ペニーはお肉系のこってこておやつに目がないが、野菜も喜んでくれるので、ヘルシーな食生活を保つことができる(って人間が勝手に思ってるだけだが)。 おやつは食事と…

Good News, Bad News

良い知らせと悪い知らせ、どっちからにします?良いほうからですかそうですか実はもろもろの予防のために血液検査してもらったところ、血糖値とコレステロール値が高めではあるが騒ぐほどのことはなくて良好ちゅう結果だったんですわ。んでまあ少しは安心で…

ペニーさん、普通の公園で運動会

近所に緑地はいくらでもあるが、わんこを放してもいいドッグパークへはクルマで出かけなくてはならず、そうそう行けるものではない。 それでもペニーにはなるべく運動をしてもらいたいので、伸縮するリードを導入してみた。 8メートルまで伸びるから、小型…

ペニーの目に異変?!

モーレツな風の朝だった。 ペニーの落とし物を始末しようと取り出した袋が吹き飛ばされ、あっという間に遠ざかっていく。 慌てて後を追ったが、袋はスピードを増して車道に飛び出し、行き交うクルマの向こうへ消えていった。 普段だったらプラスチックんゴミ…

ペニーを置いていく決心の理由

11月にダッカへもどるにあたり、アメリカの知人にペニーを預けていくことになりそうな件が心苦しいと書いたところ、そういうことはペニーをアドプトした時点で予測できていたのではというご指摘をいただいた。 前回の記事ではくわしく触れなかったけれど、…

ダッカになんか帰るもんか?!

けっこう肌寒い金曜の朝、晴天を喜びながらドッグパークへ出かけた。 前回ここへ来たとき、ペニーは水遊びが過ぎて体が冷えまくり、アパートに帰ってきてから廊下で おもらし しちゃったんだが、今日はあの日よりずっと気温が低い。 「あんまり川に入ってほ…

退避生活いつまで続くのか問題、キョーガクの回答

ダッカからの退避生活が半年を越えた。 ここへ来たときはまだ肌寒かったのが、いつのまにかTシャツ一枚になり、ここ2週間ほどは上着が欲しい日が多い。 この投稿をInstagramで見る 秋の午後、ドングリの巨木の下で。 #海外生活 #アメリカ #公園 #散歩 #ど…

撮れたて!ペニーさんの朝食

朝食といってもサラダや目玉焼きじゃありませんけど、親ばかの目にはペニーがドッグフードをむさぼる姿がとても可愛らしく映るので撮ってみた。 字幕による説明は最低限の撮りっぱなし動画。要点は以下のとおり。 朝、わたしたちの姿を見るなり大コーフン「…

恐るべしスイカの魔力

今回もアジア人のお仕事だった。 拙宅のドア前にきちんと置かれた食品は、アプリの写真とお名前を見るかぎりモンゴル系と思しき男性が配達したもの。 深く感謝しつつ、チップを10ドルに変更した。引き続きがんばってください! で、このたびの話題は箱入り…

ペニーさん危機一髪、いやマジで

妻の両親が暮らす家へ行ってきた。 アメリカはコロナ第二波が徐々に収まりつつあるとはいえ、感染者数・死亡者数は日本とは比べものにならないしから、警戒を緩めるつもりはない。 けれどダッカから来て半年ごぶさたというのも困ったものだから、義妹宅へ行…

秘儀 鼻むぎゅう

ペニーは知らない人やイヌにガルルルしがちなことを除けばたいへんよい子で、 お風呂でも散歩でも飼い主のいうことを一所懸命に聞いてくれる。 そういう性格であることにつけこんで、わたしは極悪な所業におよんでいる。 鼻(というか口?)ぜんたいを軽く握る…

ペニーがどうしても〇〇キーラに見えてしまう症候群について

以下の写真は朝陽に目をすぼめるペニーで、別のところでこれを紹介したとき、「野良で鍛えたヤンキー顔」などといっておそらく本人の顰蹙を買ったわけが、わたしにとってこの一枚はペニーの写真のうちでも一、二を争うお気に入りだ。 つまり可愛くてしょうが…

出たか動物アレルギー

ダッカから来て2か月後に肌が荒れた。 主戦場は顔で、それまで経験したことのない部位に湿疹ができ、掻けば荒れるの症状がしつこかった。 原因は旅先での自己隔離によるストレスだったと思う。 弱ステロイドの軟膏を使ってみたところ良好だったが、連続使用…

ホンモノ?のミニピンと出会ったら

テレビに日本のドッグパークの様子が映ると、たいていのわんこが純血種のように見えるのだが、実際はどうなのだろう。 当地(ワシントンDCエリア)では純血種はマイノリティーで、大半は雑種の保護犬だ。 イヌは買ってくるものじゃないという社会通念のせ…

大失敗?!ペニーの歯磨きプロジェクト

「イヌの80%は3歳までに口内疾患の兆候を見せ始める」という歯磨きセットの宣伝文を読まずとも、ペニーの歯はきれいにしておきたい。 まだ若い歯は全体に真っ白で、歯垢も見られないが、大きな歯の深い谷間には何か黒っぽいものが詰まっていたりして、気…

ペニー、不思議な人気の理由は

ペニーはわたしたちにとって天使のように可愛らしく、目に入れても痛くないが、客観的に見ておブス系であることは認めなくてはならない。 たとえばこのご近影はまあまあ可愛いが・・・ 数秒後に撮ったらこうなった。 この子は目つきが悪く写ることが多く、と…

ブタさん3人組、島へ行く

避難生活が6ヶ月目に入り、わたしも妻も5%増量のお徳用パッケージになった。 食事は野菜中心、アメリカ人の大好きなソーダ水には見向きもせずヘルシーを心掛けていても、巣ごもりの運動不足が祟っている。 ペニーもトイレ訓練のため散歩の回数が減ってい…

暴走姫を止めろ!ペニーのお散歩プロジェクト

ペニーがすごく不得意なものがあって、それは散歩。 ハァハァいってリードを引っ張りまくり、右へ左へ忙しく進路を変える。 脳が興奮しちゃってる状態。 わんこによくあるパターンだが、脳がのべつ暴走している状態は心身の健康によくないので、矯正したいと…

ペニーが実は6歳とか冗談やめてくれ

ペニーのDNA鑑定の結果には えええええウソでしょ な内容が含まれていた。 レスキューにかかわった獣医がペニーの歯から推測した月齢は10ヶ月で、わたしたちもこの子の毛づやなどを見てその説を素直に受け入れていたのだが、それは違う可能性があるらし…

難航?良好?ペニーのお出かけ訓練

ペニーの室内トイレ訓練は、あの翌日になって少量ながらシート外になさるなど、マイペースな進歩?が続いている。 このようにして体得してもらいたいことはいろいろあり、オトナの社交術もそのひとつ。 ミニチュアピンシャー系には、大きな相手にも立ち向か…

ペニーのトイレ、もしかしてこれ進歩?

「お外専門」のペニーに室内トイレを覚えてもらうプロジェクトは、その後も断続的におこなわれ、最近になってもしやこれは・・・な展開になってきた。 膀胱を長時間満タンにすることは、雑菌を増殖させ、尿路感染症のリスクを高めることから、これを医学的な…

いいとこ取りのペニー、だから「雑種」はスゴイ?

DNA鑑定でペニーの正体が判明したわけだが、これに大金を投じたのは彼女の病気リスクを調べておきたかったから。 〇〇犬は白内障になりやすいとかいうやつ。それらは遺伝性疾患と呼ばれ、純血種のわんこに多いといわれている。 ペニーはミックスだからリ…

潜入!富裕層の「裏庭」

ワシントンDCの周辺には緑深い公園が多い。 公園というか、手付かずの原生林があちこちに残っている状態。 ポトマック川に沿って広がる Potomac Overlook Regional Park は、うちから15分のところにある。 行く前からおよその想像はついていたが、周辺に…

ペニーのアレルギー物質これだった

ペニーの肌の不調をひとまず食品へのアレルギー反応ではないかと考えて調査してもらったところ、ようやく答えが来た。 彼女が強く反応するアレルギー物質はふたつあるという。 トウモロコシ 多くのドッグフードがトウモロコシを主成分とする(日本はどうだか…

手をつながなくなった理由

ペニーとの散歩中、ハッとする光景があった。 手をつなぐ夫婦。 アメリカでは若者だけでなく、高齢カップルでも手をつなぐことが多いが、今いるあたりは年齢層が若年にかたよっているせいで、こういう姿を見ることが滅多にない。 日米カップルのわが家はどう…

ペニーの凶暴性開発?!

保護犬の預かりをしていたとき、やりたくてもガマンしていたことがあった。 それはロープを使ったこんな遊び。 ペニーは無駄吠えしないキャン鳴きしない物静かな娘なのに、ロープをくわえたときだけは年季の入ったスケバンみたいになります。 【音が出ます】…

ペニーさん、なんと〇〇の上で

ペニーに室内トイレを使えるようになってもらおうプロジェクトは、以下のように進んできた。 1日目、遊び場になっていた人工芝をあきらめ、吸収シートと段ボール箱でトイレをつくって誘い込む。 2日目、散歩をキャンセルしておしっこを溜めてもらい、我慢…