Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

ベルギー暮らし

おれの感覚がおかしいのか

バイデン米大統領が「(プーチンを)権力の座に残しておいてはいけない」と発言した件、他国の体制転換を語るのはアウトという至極もっともな声が多く上がっている。 昔から失言の多かったバイデンが勝負所の局面でやっちゃったね ┐(´д`)┌ヤレヤレ という話。 …

フォーション・ホテル・パリで残念だったこと

パリでは紅茶やクッキーで知られるフォションが運営する Fauchon L'Hôtel Paris に滞在した。ほんとは3泊したかったけど、1泊目の土曜日がバカ高くて他のホテルにせざるを得ず、フォションは2泊となったことを最初に告白しておく。 部屋のグレードは下か…

パリ北駅、胸しめつけられた光景

うちの近所の駅から特急列車に乗ると、1時間40分ほどでパリに着く。 この日(3月19日)、フランスのコロナ感染者数は9万8000人を数えていたが、パリ行きの車内はそこそこ混んでいた。陸路での入国制限はなく、誰でも旅することができる。 ベルギ…

日本人の知らない爆売れカー

日本で韓国車なんていっても鼻で笑われるだけだと思うが、世界では実によく売れている。 しかも時代の先端をいく商品が人気を博しており、そこに韓国の強さを見たような気がする。 そうした現場を目撃したのは去年9月、ドイツの港にクルマを受け取りに行っ…

反ワクチン派が急に沈黙した驚きの理由

ひっじょおおおに興味深い記事だった。 イギリスの大手新聞ガーディアンが伝えたところでは、ネット上の反コロナワクチン活動が最近になって急に鳴りを潜めたという。 アメリカの疫学者で医師のデビッド・フィスマンは、新型コロナの感染防止策やワクチンの…

ペニーさん日本へ?

オフィスから家に向かう妻が目にしたのは、美しい夕空だった。 ふと別の方向を見上げると、ひときわ青い空と黄色い雲が。 そう、なんでもウクライナ国旗に見える今日このごろ。 わたしは心を痛めているだけだが、妻は仕事でこの問題に向き合っており、機密事…

ブリュッセル桜だより

まだまだ厚手の防寒着から卒業できない3月だが、春は着実に訪れつつある。 この投稿をInstagramで見る ふたりづれ(@sumebamiyaco2019)がシェアした投稿 散歩中に「あれ?」と思ったのは、桜の木だった。いやサクラかどうか自信ないんだけど、そう勝手に断…

寝た子を起こしちゃった?

ウクライナ以外に今ヨーロッパで最もおびえているのはバルト三国かもしれない。 エストニア、ラトビア、リトアニアはもとソ連の一部で、長年の念願かなって独立を果たしたものの、ロシアとその同盟国ベラルーシに接するという地理的条件は変えようもなく、ウ…

カップ〇〇を劇的に美味しくしてみた

快晴の週末、午後おそくに出かけたら、いつもの市場が開かれている広場がえらいことになっていた。 テーブルを思い切り広げて先客万来、最近までコロナのせいで休業していたレストランもこぞって再開したもよう。 ここから地下鉄に乗って街へ出かけたんだが…

ペニーの「ごめんなしゃい」

最近ペニーさんは自己主張の度合いを強めている。 大好きな棒投げの最中に突如として飽きることがあり、そうなると棒をくわえてさっさと帰路につくようになった。 散歩を支配するのはアタシという自我の芽生え?こうなると飼い主というよりは単なる付き人ぽ…

ウクライナ国旗を掲げたわけ

おととい、ブログのトップの写真に「ウクライナ連帯」の表記を加えた。 いうまでもなく、踏みにじられたウクライナ国土の回復、いのちと自由の尊重とともに、邪悪な侵略者ロシアへの怒りがこめられている。 わたし個人はウクライナに対して寄付ぐらいしか貢…

思わぬ大失敗

ウクライナにあるヨーロッパ最大級の原発がロシア軍の砲撃をうけたというのだが、こんな乱暴なことをしてもしも原発がメルトダウンしたら、ブリュッセルにいるわたしたちは即刻アメリカへの退避を命じられるだろう。身の回り品をスーツケースに詰められるだ…

「お相撲さんのこぶし」食べてみた

こってこてのソーセージが「足し算」の成果だったのと比べ、今度のやつは「引き算」の妙技だった。 お相撲さんのこぶしほどもある豚肉。 6ユーロ(780円)くらいで、調理済みの肉としては安価。庶民のふだんメシなんだろう。 これにナイフを入れると・・…

どなたかベランダ貸してください

ウクライナ侵攻はヨーロッパの出来事なので、ブリュッセルにいても落ち着かない思いをすることがある。 侵攻開始後すぐに反露デモが行われ、街が青と黄色のウクライナ国旗色に彩られ、ロシア大使館前の歩道上にはプーチン非難のメッセージが書きこまれ、緊張…

かなりやばいソーセージ

朗報といえばけっこうな朗報なんだが、3月1日以降わたしたちが日本へ入国するときはホテル隔離も自宅待機もなく、空港から公共交通機関で移動可。 イェイ!コロナ以前とおんなじだぜ。 ただしこれには条件があり、「指定国」からの入国でないこと、ワクチ…

ならず者がお好き?

日本人がそんなにプーチンのこと好きだとは知らなかったので驚いた。 今から5年前のことだが、アメリカの代表的な世論調査機関(ピューリサーチセンター)の調査によれば、18~29歳の日本人の49%がプーチン大統領に好意的な意見を持っていることがわ…

嵐のあと、あれを丸ごと放り込む

とにかくすんごい嵐だった。 先週末ヨーロッパを襲った温帯低気圧「ユーニス」は、イギリスやオランダをボコボコにしながら通り過ぎていった。 かなりの死傷者を出したこの嵐は、ベルギーにもけっこうな爪痕を残した。 海岸線から100km内陸に入ったブリ…

あと200年待たなきゃいかん?

いまだに侵略戦争しそうでしないプーチンだが、このまま引っ込みがつかずウクライナを攻撃すれば、厳しい制裁などによってロシアは苦しむことになり、隣国の領土をつかみ取ったからといって果たして勘定に合うかどうかわからない。 だが中国はそうでもない。…

けぇむしょにいってめえりやした

私たちが住んでいるのは St. Gilles サン=ジルという地区で、もとは独立した自治体だったのが、「大ブリュッセル」に統合され、現在ではブリュッセルの「基礎自治体」のひとつになっている。 人口5万ほどのサン=ジルの街を、これまではあまり探検してこなか…

化け物、さばいてみた

いつものマーケットには魚屋のトラックも来ていて、ベルギー人は肉ばっかり食べるのかと思ってたけどトトも口にするんやね。 日本の魚屋には切り身が並ぶことが多いが、こっちの魚屋は丸ごとごろりで売ることが普通のような気がする。 そのため拙者、魚のさ…

ならず者は締め上げるしかない?

わたしは個人的に会ったロシア人はたいていが「無類のお人よし」と感じさせるキャラクターで、実に愛すべきひとたちだと思っている。 ところが国家という集団になるとロシアは粗暴なならず者に豹変する。 内政的には法律を都合よくいじって大統領の座に20…

やっぱり不足してました

冬季うつが疑われている小生の健康状態。血液検査の結果が送られてきた。 受診以前から妻が強く疑っていたビタミンD不足が確認された。 正常値30ー100とされるところ、わたしは23しかなかった。 これで冬季うつの疑いがかなり濃厚になったので、処方…

プチ不登校から救い出してくれたのは

小学3年生から4年生のころ、学校へ行かない日がけっこうあった。 理由はよく覚えていない。授業についていけないとかイジメとかの明白な原因はなく、なんとなく学校がかったるかったのだと思う。 朝起きて「ああ今日も行きたくねえな」と思うと、母親に頭…

俺は「うつ」なのか?

クスリを山ほど買ってきた。 すべて発症後かれこれ4か月になるテニス肘の治療薬。なるべく右腕に負担をかけぬよう気をつけてはいるが、利き腕だから避けられないこともあり、少しよくなっては痛みがぶり返してを続けてきた。 コロナのせいで二の足を踏んで…

嘘つきロシア

以下はアメリカ政府によるツイートであり、この国に対して信頼感ゼロのひとが見ても意味をなさないが、アメリカとロシアを比べたときロシアのほうが嘘が多いと感じているひとにとってはそれなりの説得力があるだろう。 Russia is intentionally spreading ou…

そこはさすがに横文字民族

土曜は久々の快晴。 しかも、つい最近まで午後にならないと差しこんでこなかった日光が、午前中に部屋に届いた。 そのインパクトは想像以上で、「おお生きる元気が・・・」みたいな気分になるのだから人間は単純。 空には白いチョークのようなジェット雲が行…

それはズルいよヨーロッパ

ロシアが嘘つきだという話を書こうかと思ったんだが、その前にヨーロッパ人もたいがいやなあな件について。 まず下記のツイートは1月28日のアメリカ国務省。 The United States has now delivered 400,000,000 #COVID19 vaccine doses to over 110 countr…

動けない…

朝から体が重くっていけません。 低気圧のせいか、立っているのがやっと。 夕方までは頑張ったんだけど、ペニーの散歩を済ませたあと寝床にもぐり込み。 それでも腹だけは空くから、どげんかせんといかん。 これが生きるということだなあ・・・ ブログのラン…

女性スタッフの反発

これがオーベーの現実である。 妻の職場で、えらいひとが出演するビデオを作ることになった。 顔色をよく見せたり汗をおさえたりするための簡単なメーク道具を用意し、撮影時にご本人が希望すれば使うことになっていたが、メークをほどこす担当者を決めてお…

この水道水なんとかならんのか

きのうの午前中、妻が同じオフィスで過ごしていたスタッフがコロナ陽性と判明。 どれほどの距離と時間だったのかにもよるだろうが、妻は濃厚接触者といえるかもしれない。 帰宅後「なるべく別々に過ごしたほうがいいかしら」と言っていたが、ひとつ屋根の下…