Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ 現在ダッカから米国へ移動中

身辺雑記

お相撲さんでもないのにこんなもの飲んで

昭和から平成にかけて活躍した寺尾というお相撲さんがいて、たぐいまれな天分に恵まれながらも、太れない体質がたたり、大関を嘱望されながらも届かなかった。 筋肉はめっちゃ鍛えていたが・・・ 寺尾は大きくなる努力は惜しまなかった。ベテラン時代の彼の…

いきなり銀行口座が閉鎖されたら

ある日、銀行の口座情報にアクセスしてみたら預金ゼロになっていてびっくり仰天・・・ という現象がアメリカで起きており、わたしたちもその銀行のユーザーである。 USAAは米軍の軍人とその家族などを対象につくられた銀行(正確には金融・保険会社)で…

なぞの構造物を見下ろす日々

バングラデシュから緊急退避してきて飛び込んだアパートは、ダッカのそれと比べれば面積は1/8程度に過ぎないミニチュア住居だが、窓からの眺望には恵まれた。 眼下の緑は150×150メートルの巨大な空き地に繁茂する原生林で、周囲を散歩すればウサギ…

リモート葬儀にけっこう驚かされた

母の葬儀はごく少人数の近親者によっておこなわれた。 その様子を東京ほか国内数か所、アメリカ2か所にいる子、孫、ひ孫、孫の配偶者の両親など合計12人がリモートで見守った。 都会ではリモート中継をしてくれる葬儀場があるらしいが、田舎ではリモート…

ついにその時がきて

母親の死を見送った。 時節がら、一族のうち遠隔地にいるものは帰省しないという取り決めにしたがい、パソコン越しに見守った。 心拍数が60から45、そして20へと下がり、ゼロになった。 東京の甥っ子が顔をくしゃくしゃにした。 しばらく見ないうちに…

低気圧でも楽に過ごせるからテイラックって(笑)

うちはふたりとも低気圧で体調が落ち込むクセがあり、そういう日には「動けねぇ、死ぬわ~」といって仕事がなければ(あっても?)ベッドに倒れ込んでいることが少なくない。 私は体がだるいだけだが、片頭痛もちの妻はそれがもろに出てどん底に落ちることも…

食べ物を投げつけてくる人たち

ペニーとの散歩中、たびたびスタバの前で見かける若者と会話した。 街路樹の根元に座り込んでいる彼はおそらくホームレスで、ひどく汚れたかっこうをしているが、表情は明るい。 最初に話をしたきっかけは、彼が連れているイヌだった。 ボーダーコリーのミッ…

この界隈、まずい季節に入ったかも

今いる場所はいくつかの政府系ビルやホテルのほかはだいたいがマンションで、どちらかといえば静かな住宅街。 交通量は少なく、緑地が多いので、わんこの散歩がはかどる。 この投稿をInstagramで見る 今朝はどっちへ行こうか〜 #海外生活 #アメリカ #わんこ…

アイサイト、ええでー

いやあ今どきのクルマはいい、ほんまにええわ~ と思ったのは、先月買ったスバルの安全装置の使い勝手。 スバルの「アイサイト」というシステムは、目の前に飛び出してきたクルマ・自転車・歩行者との衝突を避ける(もしくは軽減する)自動ブレーキで有名に…

ランボー爺さん大冒険

日本ではまだロードショー上映中だと思うが、ランボーシリーズ「最終章」と銘打った映画のTVCMが先月ずっと流れていた。 御年74のスタローンが渋く輝く映像を見ながら、わたしは妻にいった。 「これで卒業なんてカッコよすぎてあかんわ。スタローンは…

自分がキモチワルイ

河相我聞という俳優さんがいて、自分の顔写真をアプリでいじったらタイヘンなことになったという。 もとが彫りの深い顔をしておられるせいか、ラテン系美女に変身しちゃった。 「色々試して出来た奇跡の一枚」とおっしゃるのは、自撮りを何回もやりなおした…