Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまラオス

アヤシイ?政治家、推したい政治家

日本人のほとんどが知らなかった石丸伸二氏なる人物に、突然スポットライトが当たっている。東京都知事選挙で知名度と組織票に支えられた蓮舫氏をぶっとばし、堂々2位につけた無所属。

開票速報が始まるやいなや小池氏に当確が出て、2位石丸氏、3位蓮舫氏と報じられる画面を見ながらわたしは腹を抱えて笑った。自分が予想したとおり「石丸旋風」が起き、その威力について分析力と想像力を持ち合わせなかった蓮舫陣営が上から下までボーゼンジシツの態におちいっている様子がおかしくてしょうがなかった。

蓮舫さん、ガチ泣きはちょっと可哀想だった

石丸氏は広島県安芸高田市(人口2万6000)の市長を一期つとめる間、彼が憎む「政治屋ども」つまり年寄り議員連中をぼっこぼこにやりこめる様子が YouTube などSNSで大きく注目された。多くの若者たちが彼を正義の騎士としてアガメタテマツルようになった。石丸氏がそのSNS戦略を都知事選挙でも駆使し始めたのを見て、負傷不詳わたくし、彼が台風の目になることを確信していた。

石丸人気の原動力は既存の政治への失望だ。安倍長期政権のあいだに堕落しきった自民党への嫌悪。こともあろうに共産党を抱き込んで都知事選をたたかう立民へのガッカリ感。これだけ条件がそろえば若年層の票が雪崩を打って石丸候補に注ぎ込まれ、小池氏は票を食われはするが現職の強みで逃げ切る可能性が高い一方、もっとも割を食うのは蓮舫氏であり、当選はムリムリと妻に話していたのがもろに的中した。エッヘン。

むろん石丸氏は、自身の知名度・実績からしていきなり都知事になれるなんて思っていなかったはず。今回は名前を売ることが目標だったが、それは想定の300%くらい果たされたんじゃないかな。

で、さっそく「国政への進出は?!」などと取り沙汰されており、日本の政治に新しい風を吹き込んでくれるんジャナイカ的な期待が盛り上がっているわけだが、わたしは今のところ石丸氏にあまり期待していない。

このひと、しゃべり方もしゃべる内容もちょっと変で、個人的に親しくなれる気が少しもしない。安芸高田市長時代に勇名を馳せた「議員やりこめ動画」も、きれいに決まりすぎている感があって胡散臭い。議員の発言など前後の脈絡を無視して石丸市長をかっこよく見せる編集なんて簡単だからね。

この方がどういう人物なのか、これからだんだんと見えてくるだろうから、みなさん簡単にすげぇ・・・なんて思わないで、冷ややかに観察しようじゃありませんか。

冷ややかでいられないのがアメリカ大統領選で、個人的にはバイデンは候補から下りるべきだと思う。これだけの高齢はリスクファクターでしかなく、その弱味をトランプの毒舌に徹底的にいじられて敗北する可能性はかなり高いと思う。「トランプは政策にも人物にも難はあるが、元気がいいから任せてみっか」というレベルで選挙は行われたりするからね。

バイデンの代打はどうするのか。カマラ・ハリス副大統領推しの声が上がる一方、彼女の実績と人気からして無理という反対意見もある。わたしは4年前に当選したバイデンが、年齢からして1期で退く覚悟でおり、カマラ・ハリスを次期大統領として育てるつもりでいるのかと思ったが、そうではなく、彼女は地味な立場のままここまで来てしまった。

一方で、カリフォルニア州知事をはじめとする何人かの有力政治家に期待する声が上がっているわけだが、全国区の知名度とはいえないぶん、今から水と肥料をやって育てていては間に合わないだろう。

カマラ・ハリスが候補者討論会でトランプと並んだ様子を想像してみよう。白人の血が一滴も混ざっていない有色人種の女性とかいう属性以前の問題として、彼女と並んだトランプは単なる皺くちゃじじいに見えてしまうんじゃないか。トランプなんてバイデンが相手だからちっと若く見えるだけで。

そういうわけで、「元気がいいから任せてみっか」判定がカマラ・ハリスに有利にはたらくことを期待しつつ、今回は彼女にトランプ退治を任せてみたく思っている。選挙権ないけど。

政治ってさ、複雑なようで単純なオバケだね。

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

アジアランキング