Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

NHK、カゲキな特集ぶちかます

YouTube タレントだと思ってた兄ちゃんがNHKニュースに出まくってて驚いた。

f:id:sumebamiyaco:20220325054951j:plain

小原ブラス(こばら・ぶらす)というこのひと、Wiki によれば

92年ロシアのハバロフスク市で生まれ、5歳から日本の兵庫県姫路市で育った。「関西弁を喋る面倒臭い性格のロシア人でゲイ」だという。

今回のウクライナ侵略について反プーチンの立場を明確にしており、あちこちから意見を求められているようだが、NHKからも声がかかってるんだね。

今回「ニュース9」では、彼へのインタビューを軸に6分を超える特集を制作していた。えらい学者先生でもインタビューは20秒とかせいぜい1分だったりするところ、これはどえらいフューチャーぶりといっていい。

NHKがここまで踏み込んだのは、信頼できる人物(彼は社会的弱者の支援活動などにも力を入れている)で発言がリーズナブル、同時にインパクトのある企画になると判断したからに違いないが、わたしにはもうひとつ理由があるように思われてならない。

それは若者へのアピール

ご存じのようにテレビは視聴者の高齢化が大きな課題で、今のうちに若年層を取り込んでおかないと未来はないといわれている。それゆえ社会的に重大な局面で若者の視点を大胆に取り入れることにより、支持を勝ち取っていこうという作戦ではないか。

もちろん若者へのアピールはずいぶん前から民放をふくむ各局が力を入れてきたが、その多くは単なる「若者向け番組」の開発であり、報道番組のような「大人の場所」で若者に大きな発言権を与えるところまでは来ていない。

ひとむかし前であれば、外国生まれで金髪ゲイのタレントがNHKニュースに出てきて戦争や他国の事情を論ずるなんてまったく考えられなかったよね。

f:id:sumebamiyaco:20220325054956j:plain

高齢者にプーチン支持が多い理由についてブラス氏は・・・

f:id:sumebamiyaco:20220325055000j:plain

なかなか小気味のよい特集企画でありました。

なお、この日の「ニュース9」では、プーチンが核攻撃の可能性をちらつかせるなか核兵器の廃絶をめざして活動する学生にもカメラを向け、小原さん特集ほどではないにせよ、けっこうな時間を割いて伝えていた。

こうした若者の重用がたまたまの現象だったのか、NHKが意図的に起こそうとしている新しい波なのか、わたしにはわからない。

ただ、それは正しい方向だと思う。

日本の未来をつくり、未来を生きるのは若者なんだから、社会の主導権をもっとどんどん握ってもらったほうがいい。

年寄の経験値は確かに社会の役に立つ部分が多いけれど、集団の意見ということになれば「このまま苦労せずに死にたい」が勝つ投票行動になり、この国はやせ細るばかりだろう。

だから選挙権なんて、70歳を過ぎたら「0.5票」になるくらい老人の発言権を抑えるくらいでちょうどいいと思う。

カゲキ?

NHKさんほどじゃないっすよー。

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ