Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

手術と投薬と・・・

オリーブちゃんがわが家に来て初めての朝、カーペットの上で事故っちゃったところまで話した。

それは前夜9時の散歩から11時間後のこと。これくらいペニーだったらまったく平気だが、オリーブにとっては限度を超えていた。

この子のトイレ間隔が短く、散歩は日に4回のこともあると飼い主さんから聞かされていたので警戒はしていた。この朝、イの一番にオリーブを連れ出すのが上策とは思いつつ、どうせだったらペニーも一緒に・・・と2匹を連れ出す準備をしていたときのアクシデント。

甘かった。

おしっこが近い原因は、オリーブが朝晩飲んでいるクスリだろう。

f:id:sumebamiyaco:20220409012230j:plain

片方は虫くだしのようで、もうひとつの Moderin というやつをググると、「外傷、リウマチによる筋骨格系、特に筋肉、関節、骨格の整形外科的疾患」の治療薬らしい。

このどちらかを服用するせいで、オリーブはめちゃくちゃ喉が渇くらしく、一日中かなりの量の水を欲しがる。そんなに飲んだらおしっこが・・・という危惧はあったが、制限していいものやらどうやらわからず、欲しがるだけ飲ませた結果のおもらしだった。

これを教訓に、オリーブに与える水の量を少しだけ減らして様子を見ることにした。

散歩は最低でも4回。それでもマンションから外に出た瞬間に始めちゃったりするところを見れば、かなりギリギリなのだろう。

散歩中は、段差にも気をつけなくてはならない。

オリーブは3年前に Back surgery を受けたといっており、それはコーギーによくある椎間板ヘルニア股関節形成不全の手術だったかもしれない。

飼い主からは「ソファなど段差のあるところに登らせないで」という要請があり、それは守っているが、マンションから出たところがいきなり階段(高低差は少ない)だったりして、けっこう気を遣っている。

f:id:sumebamiyaco:20220409015005j:plain

そういえばオリーブの歩き方は特に後ろ脚の運びがヨチヨチとしており、年齢よりは年老いて見える。そのうえというか、うちから散歩に出ると、どっちへ向かっても坂道なもんだから、無理をさせているような気がして落ち着かない。

お前もいろいろつらいだろうけど、こっちも頑張るからさ、仲良くやろうぜ?

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ