Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

ペニーの異変

タイトルの「異変」をタイプしようとしたらミスで「胃炎」になったが、わたしたちが見るかぎりそういう兆候はなく、なんでもガツガツと召し上がっておられます。

心配なのは、室内でおもらしするようになったこと。

嬉しい気分になったとき、少量のおしっこが出てしまう。

もともとこの子は朝一番や長時間の留守番のあと、わたしたちの顔を見ると興奮しすぎてちょびっと漏らすことがあるのだが、ここ2日間は、もっとマイルドな状態でそれが起きてしまう。

最初は「かまってちゃん現象」かとも思ったが、どうやらそうではなさそうな雰囲気で、今のところわたしたちは尿路感染症を疑っている。

ペニーは一昨日あたりから散歩中、完全に膀胱が空になっているのに、おしっこの姿勢をとり全力で息むことがあり、これはきっと残尿感のせいだろう。

尿路感染症であれば投薬ですぐに治ると思うが、なにせ日曜は動物クリニックがお休みで、ペニーの様子が急変しないかぎり月曜一番に対処するつもり。

ちなみに写真は今朝の散歩。

f:id:sumebamiyaco:20210711230905j:plain

玄関で首輪をつけようとするだけで喜んでお漏らししそうだったので、ハーネスだけを慌ただしくつけて出てきた。

このときも排泄は普通にするが、空っぽになってから軽くがんばってみせたりもした。

家では人工芝トイレを引っ張り出してきて、そこでお漏らしするよう誘導している。これがうまくいくとお互いに少しは楽になれるのだが、そう簡単ではない。

なにしろペニーはよその子のにおいに反応してマーキングするタイプであり、タダでおしっこ出したらもったいない派なのであるからして。

どうかこれが尿路感染症のような治療可能な問題でありますように。

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ