Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

ブリュッセル下町で外食すると

メシ代がいくらかかるかなんてしょうもないネタだが、我が家の生活記録なので堂々と鬼才記載。

Parvis Saint-Gilles という地下鉄駅は広場に面しており、そこはレストランが軒を連ねて営業している。

この地区は労働者階級の街で、移民が多いから、楽しめる味の範囲が広い。

午後7時半過ぎ、レバノン料理屋の椅子に落ち着く。

f:id:sumebamiyaco:20210616200029j:plain

妻はアメリカで一番エライひとがブリュッセルを去って(プーちゃんとかいうロシア人に合うためジュネーブに向かった)肩の荷を下ろすことができ、すこぶるご機嫌よろしく。

ただしうっかりアルコールを摂取すると片頭痛が出ることがあるため、ウィークデーはソフトドリンクのみ。

えらいすんませんねぇわたしは Jambe Bois という地ビールをお試し(市価2.75ユーロのところレストランで3.50ユーロは良心的かと)。

料理はメゼ(小皿料理)の盛り合わせ2人前で、内容はシェフにおまかせという気楽なオーダー。

前菜が来た。

f:id:sumebamiyaco:20210616183649j:plain

薄いピタパンにはさむなどして食べると美味しい。

ベルギーへ来て二度目の外食。最初は世界遺産の街ルーベンでパスタを掻き込んだだけだったが、今回はゆったりしていてなんだか愉快。

そして数種類の肉料理を積み上げたメイン。

f:id:sumebamiyaco:20210616185328j:plain

それぞれが優しい味付けで、どちらかといえば日本人向け。心ゆくまで楽しむことができた。

Menu 2 personnes(おふたりさまメニュー)
Plateau de mezze et grillades mixte(ミックスグリルの大皿メゼ)

35ユーロ。

これに飲み物を足して41ユーロ+チップは日本円で6000円ほどになる。

ヨーロッパの都会は、下町だからといって安いわけではないね。

 

ちなみに Ton Tapas Mon Meze(あなたのタパス、わたしのメゼ)というこの店、コロナのせいかもしれないがメニューを置いておらず、テーブル上のQRコードから読みに行くようになっていた。

f:id:sumebamiyaco:20210616195607j:plain

この写真からも読み取れるよ!

そう。スマホがなけりゃメシも食えねえ時代。

一瞬でも気を抜いたら遠くに置いていかれ、昭和原人として骨格が展示されることになります。

気を引き締めて参りましょう。

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ