Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

オサレな?ブリュッセル都心ライフ

ブリュッセルの新都心にはEU諸機関のビルがそびえ立っているが、もとはといえば集合住宅がどこまでもつらなる住宅地。

たとえばEU議会の裏はこんなふうになっており、ふつうのひとびとが住んでいる。

f:id:sumebamiyaco:20210522235726j:plain

つまりこの界隈は、ステータスの高い旧市街の外側にひろがる庶民の街ということになる。

金曜の午後、ハナキンタイムとはいえないような早い時間から店々は大繁盛。

f:id:sumebamiyaco:20210522195533j:plain

このうち何人がワクチン接種済みなのか知らないが、まあ元気にやってよね。

到着から10日間の自主隔離を求められたわたしたちは、こんな世間に背を向けてヒソヒソと暮らしていた。

散歩と食料品の買い出しをそそくさと済ませる日々を送りながら、ホテルのすぐ近くにケバブ屋さん発見。

f:id:sumebamiyaco:20210522195538j:plain

アジア飯となれば試さない手はなく、店先で健啖ぶりを披露する中東系の兄ちゃんたちを横目にご入店(妻のみ)。

f:id:sumebamiyaco:20210522195543j:plain

海外旅行あるあるだけど、こういう店はクレカお断りのことが多く、やっぱりここも現金。

いや、いいんですよー美味しければ。

で、たっぷり野菜つきのイカリングとドネルケバブを買ってきた。

f:id:sumebamiyaco:20210522195547j:plain

このほかトラック一杯ほどの揚げたてフライドポテトがついて14ユーロ(約1800円)というのは、少なくともわたしたちの置かれた状況下では福音だった。

 

自主隔離は、PCR検査がめでたく陰性であったことから自動的に解除。

わーい!といって出かけたのはカフェテラスでもなくデパートでもなくペット用品店。

f:id:sumebamiyaco:20210522200317j:plain

アメリカから持ち込みが許されたドッグフードは、ペニーが当座食べられるぶんでしかなく(けっこう大きな袋を泣きながら捨ててきた)、なんとか1週間もたせてはきたが、この日の朝ついに尽きた。

数ある商品をためつすがめつ、トウモロコシや豚肉などペニーのアレルギー源をチェックするが、英語の説明つきの商品がごく少なく、ドッグフードがローカルな商品であることを実感。

f:id:sumebamiyaco:20210522200321j:plain

ペット用品店 Tom & Co のプライベートブランドのものは割安だったので、他とあわせてお試し購入。

さっそくランチとしてお出ししたところ、ペニーさんこれまでより強めのガッツキをお示しになられ、ちょっと安心。

おしゃれとは程遠いブリュッセル都心生活だが、まあ楽しい。

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ