Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ 現在転勤の谷間で米国滞在中

ペニーさん、防寒ジャケット新調

「京の着だおれ、大阪の食いだおれ」ってのは着物や食い物にお金を使いすぎて身上(しんしょう)を潰すという意味だが、ペニーは他人の財布でお着物を買っているから、どれだけ買い込んでも痛くも痒くもない。

それが証拠に、ペニーは厳寒の国バーモントでも防寒具を買ってもらっていた。

f:id:sumebamiyaco:20210309043801j:plain

Cさんが買ってくれたジャケット

うちから送り出すとき一着持たせたやつではとても足りないとCさんは考えたのだろう、ダウンジャケットぽいヘヴィーデューティーなものを用意してくれた。

そう言ってくれればなんぼでも送ったのにと恐縮するほかない。

 

ただしCさんが買ってくれたやつはハードな使い方をした結果、汚れや破れが目立っていたので、また新調した。

f:id:sumebamiyaco:20210309003823j:plain

もう、なんと可愛らしいことでしょ。

毛の薄いお腹の側がダウンジャケットふうになっていて暖かそうだが、ペニーの胴回りにはちょっとオーバーサイズのためスカスカしている。

胴にぴったりのやつは長さが足りず、あらためてこの子の胴長ぶりが確認されてしまう展開。

いつかぴったりのやつ見つけてあげるからね!

 

今回、ジャケットをふくめたいろんなものをホームセンターの Target やアマゾンに注文したところ、取り扱いに苦慮する問題が持ち上がった。

f:id:sumebamiyaco:20210309003818j:plain

運送業者はマンションの宅配ボックスに納めた状態で証拠写真を撮って送ってきたのだが、そのボックスへ取りにいったら空っぽだったのだ。

このばあい送り主は、運送業者から「ちゃんと配達した」という証拠を受け取っているから、容易なことでは再送や払い戻しには応じないだろう。

それではマンションの管理業者はどうかといえば、住人が宅配ボックスを開ける前に受け取りのサインをさせる手順になっており、たとえボックスが空だったとしても、形式上はマンションが責めを負わなくてもいいようになっている。

現状、関係者のすべてが荷物の紛失について「俺の責任じゃねえ」と主張できる状態で、このままではわたしたちが損をしてオワリということになる。

この件、紛失した箱には一番急ぎで欲しかったものが入っており、その意味でもガッカリしている。

 

くさくさしたときはお散歩に出かけよう。

f:id:sumebamiyaco:20210309025106j:plain

国防総省の駐車場

ペニーがひなたぼっこ好きということが判明し、わたしたちも暖かいところがいいので、ビルの影にならない広大な駐車場なんかが恰好の散歩コースになる。

アメリカはポンコツ人間が多いけど、スペースに余裕があるのは有難いわ~って慰めになってない。

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ