Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ 現在転勤の谷間で米国滞在中

ペニーさん、どうしてこうなった

3ヶ月半ぶりの再会にむけて、正直なところ少し不安があった。

「おまえだれ」という顔をペニーがするのではないかと。

大喜びまではしなくてもいいけど、せめて覚えいてほしいと思いながらCさん宅のドアをノックした。

グレースとペニーが飛び出してきてくる。

ペニーは帽子とマスク姿のわたしたちに向かってワンワン(おまえだれ)と吠えたてる。

「ペニー、オレだよオレ!」

手を差し出したら、へっぴり腰で近づいてきて、指先をクンクンするなり「きゅうぅーん」といいながらジタバタし始めた。

あ、やっちゃった・・・

そう。ペニーは喜ぶとお漏らししちゃうんです。

ひとさまんちの玄関先でぴゃぴゃぴゃぴゃっ。

まあペニーが喜んでくれたんだからいいか。

f:id:sumebamiyaco:20210304080641j:plain

グレースともしばしのお別れ

ペニーを連れ帰る車中、Cさんから届いたメッセージには、彼の家のドア付近をうろうろするグレースの写真が添えられていた。

「ペニーを探してる・・・」というCさんの説明は、おそらく当たっているだろう。

いいお姉ちゃんでいてくれたグレースを悲しませたくはないが、こればっかりはごめんねと念じるほかない。

 

同じ思いをしているに違いないペニーは、うちへ来て30分ほどで落ち着きを見せるようになった。

もといた家だったらまだしも、まったく新しい環境に戸惑っているにちがいないが、ころんと丸まって寝てしまったところを見れば、こやつなかなか図太いところがあるようで。

f:id:sumebamiyaco:20210304080651j:plain

翌朝、窓際で日向ぼっこするペニーを見てオヤと思った。

妙にツヤツヤしているのだ。

お別れする前のペニーの毛艶がこんなによかったどうか・・・

f:id:sumebamiyaco:20210304080632j:plain

イヤ、これはやっぱり良くなったようだが、いったいなぜ。

大自然のただなかで強烈運動しまくったから?

わんこの集団生活がストレスフリーだったから?

だとすれば同じ環境をわたしたちが与えてあげることはできず、申し訳ないとしか言いようがない。

 

それとも食いもののせい?

ペニー用のドッグフードは通販に注文してCさんに届けていたが、それは他の2頭のフードに「吸収」され、ペニーはいろんなものを食べていたのかもしれない。それはどんなフードだったのか。

もうひとつ、Cさん手づくりのわんこクッキーというのもある。

f:id:sumebamiyaco:20210304093758j:plain

このひとイヌのためなら死ねるんじゃないかと思うほど献身的なCさんは、こういうものを作ってワンコにサービスしている。

クッキーのレシピに毛艶の秘密があるんだったら、ぜひ解明したいところ。

 

ところで帰ってきたペニーには、毛艶以外に明らかな変化があった。

良い変化?悪い変化?

そのあたりについては機会をあらためて。

 

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ