Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ 現在転勤の谷間で米国滞在中

妻の不思議な能力

パソコンの機嫌が悪くて往生している。

ご高齢のせいで普段から動作のモタつきが目立っていたとはいえ、おおむね問題なく動作していたものが、先月から一度スリープさせると意識を取り戻さないことが増えてきた。

こういうときの対策はだいたい決まっていて、過去の経験や新たに調べた情報をもとに 「起きろーっ」してきたのだが、最近はそれくらいじゃ復活してくれない。

一時的に意識を取り戻し、症状を診断しています的なメッセージ(写真)を表示することがあっても、ふたたび真っ黒になって半日でも一日でもそのまんまということが多い。 

f:id:sumebamiyaco:20210219215235j:plain

おととい、なにをやってもウンともスンとも言わなくなり、ついに完全死かと溜息をついているところへ妻が声をかけてきて(というかすぐ隣で自分の作業中だった)、ちょっと触らせろという。

結論をいえば、彼女がとある操作をしたところ、パソコンさん何ごともなかったように起きてくれた。

それは例えば、通常であれば3個のキー「い」「ろ」「」を長押しするところ、彼女は「い」「ろ」「」を押すことで事態を打開した。

そんな方法わたしは聞いたことがなく、彼女のオリジナルだというのだが、そんなんでうまく行くなんて心霊現象かと。

 

彼女は、パソコンをふくむ家電製品をめぐって悪い意味での心霊現象を引き起こす人間である。

ファックス電話機や電子レンジなど、かなり丁寧に使っているにもかかわらず購入後1年とかで壊れることが珍しくない。

若いころからずーーっとそうで、「あたしはきっとヤバい電磁波を出してるの」といっている。

そんな電磁波ヨメがわたしの健康にどんな影響を及ぼしているのか知らないが、今のところこれといった不調はないからいいか(アレルギー性鼻炎と乾燥肌を除く)。

ともかく妻は、電化製品との凄絶なたたかいのなかで身に着けたものか、マニュアル外の解決法を見つけては危機をしのぐ能力を有しており、一般に女性は機械が苦手といわれるなか、わたしは彼女のパワーを当てにしながら暮らしているのである。

 

昏睡状態におちいるたびマニュアル外応急処置により息を吹き返すパソコンだが、寿命が尽きようとしていることは確かなようで、アメリカへ戻りしだい新しいのを買わなくてはならない。

どれかオススメのメーカーやモデルがあったら教えてね。

ちなみに1000ドル以上は絶対に出さない。

(`^´) ドヤッ!

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ