Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活~ただ今アメリカにコロナ退避中

ペニー、コンテスト写真にいどむ

ワシントンDCには国立樹木園というのがあり、めっちゃ広い園内はクルマでないと回り切れないほどで、人びとはお気に入りの区域を散策したり、ダイエットのためガシガシとウォーキングしたり、ワンコを歩かせたりしている。

ここへ初めて来たペニーは、市街地とはまったく違うにおいに興奮しまくっていた。

珍しい種類の若い松ぼっくりも気に入ってたよねー。

f:id:sumebamiyaco:20200630231540j:plain

ペニー「食欲はそそらなかった」

とかいうと鬱蒼と生い茂った森を想像するかもしれないが、むしろ樹木はまばらで、気持ちのいい景観が広がっている。

コロナのせいでしばらく閉園になっていたはずだが、近ごろ曜日と時間帯と区域を限定して開園され、これはたいへ有難い。

f:id:sumebamiyaco:20200630231435j:plain

勝手にオリンポスの丘と呼んでおり

このたび樹木園を訪ねた理由は、間近にせまったアメリカ独立記念日(7月4日)にある。

アメリカの役所では独立記念日を祝うイベントが広く行われており、ことし妻の職場ではペットの写真コンテストが行われることになった。

職員の半数がアメリカに退避し、半数がダッカに居残っている状態だが、写真コンテストはオンラインで開催可能。便利な時代になったもんだ。

わが家はイベント好きではなく、こうした行事をパスしがちなんすけど、今回は妻の同僚がコンテストの幹事で、ずぇったい参加してねとクギを刺されてしまった。

 

で、がんばって撮ってみました。

f:id:sumebamiyaco:20200630231452j:plain

とりゃあっ

これは出品作ではなく、その前後に撮れたもので、ちょろりと素顔が出た感じが途方もなく可愛らしい。わが家的には。

そういえばペニー、驚いたことにサングラスを嫌がる様子を見せず、かけたらかけっぱなしでいてくれるので、撮影班どれだけ助けられたかわかりません。

 

ほかにも背景を変えたのがあって、これは悪いやつをやっつけて歌もうまい西部のヒーロー。 

f:id:sumebamiyaco:20200701033026j:plain

かかってこいや

と、ペニーが女の子であることを忘れて好き放題やらせてもらった。

ありがとねペニー。

万が一コンテストで賞をもらえたとしても、このご時世では主催者からおやつとか送ってこないだろうから、うちでなんか買ってあげるね。

選外だったときはこっちの責任なので、そのときもなんかおいしいもの買ってくるからねー。 

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ