Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまワシントンDC

21年前の醜態

21年前の今月、わたしはコンナコトをしていた。

当時、新潟県に存在した「柏崎トルコ文化村今こんな感じ」で、民族舞踊のステージに引っ張り上げられた拙者。なんでこんなところにいたのかというと、当時暮らしていた新潟市へ妻の友人が遊びに来て、なんかオモロイところへ連れてってあげることになった。

悲しかったこと:この頃のわたしは生涯MAXデブになっており、見るも無残な姿。

嬉しかったこと:向き合っているのはウズベキスタンから来たダンサーで、6~7人の団員のうちで一番きれいな顔をしていた。

客席にいたときはこのダンサーにしっかりズームインして

「ふぅーむ可愛いけど色っぽい。いや色っぽいけど可愛い。これは小悪魔の顔やでぇ」

などと意味不明なことを妻に向かって言っていたくせに、舞台に上がるなり照れてしまって小悪魔ちゃんを正視できず、ただぎごちなく手足を動かすのみ。こういうのを醜態という。

ウズベキスタンの人口の大半を占めるウズベク人は、モンゴロイドとコーカソイド(白人)が入り混じった独特な容貌のひとが多く、東洋から見ても西洋から見てもエキゾチック。俺ウズベキスタンに引っ越すわ。そう言った瞬間妻に後頭部をはたかれ、以来なにかといえば「そうだよねー小悪魔ちゃんのほうがいいよねー」といじめられることが続いた。新潟の楽しい思い出のひとつ。

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ