Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

ホテルは新しいのがいい(アーヘンおすすめの宿)

古い街を訪ねるのなら、その雰囲気に合った渋い宿に泊まりたいものだが、ドイツでも経験したとおり古い建物は防音・断熱・水回りなどに問題あることが多い。

とくに複数泊する場合は、快適に過ごし、ぐっすり眠ることが重要で、その意味で今回アーヘンで利用した INNSiDE by Melia Aachen は当たりだった。

まず建物が新しく、清潔感あり。

f:id:sumebamiyaco:20211229225928j:plain

「浴室」は写真のとおり開放的で、部屋全体が明るく広々として気分がいい。

f:id:sumebamiyaco:20211229225923j:plain

そのほか冷蔵庫やコーヒーメーカー、金庫、バスローブなどがひと目でわかるように配置され、あちこちの扉を開けて探し回る手間がはぶけた。

f:id:sumebamiyaco:20211229225939j:plain

わたしたちの部屋は下から2番目のグレードで、下位の部屋より15ユーロほど高かったが、ワインやビールをふくむミニバーが無料(下位グレードでは有料)で、こっちのほうがお得・・・?な不思議な料金設定だった。

コロナ対策に気を遣っていることを、テレビリモコンの「消毒済み」というシールでアピールしていた。

f:id:sumebamiyaco:20211229225944j:plain

うっかりシールを破ってしまったが、このまま使うのが合理的ですね。

朝食は、ドイツの宿にしては野菜が豊富で助かった。持参の青汁はしっかり飲んだけど。

f:id:sumebamiyaco:20211229230111j:plain

朝食会場は最上階にあり、大聖堂をふくむアーヘンのスカイラインを楽しむことができた。

f:id:sumebamiyaco:20211229230002j:plain

チェックアウトのあと市内を少し散歩したく、ホテルの駐車場を延長できるか尋ねたところ、「実際のところ夕方までOKですよ」とのご回答あり、有難く昼すぎまで置かせてもらった。もちろん混んでいるときは難しいと思う。

このホテル、地図で見ると旧市街の中心から遠く感じるかもしれないが、大聖堂まで徒歩9分、ぶらぶら散歩ですぐに着いてしまう。

逆に「街はずれ」だけにホテルの周囲に緑地が多く、イヌ連れには有難い。

f:id:sumebamiyaco:20211230201237j:plain

それでは、アーヘン観光に行ってらっしゃ~い!

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ