Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ 現在ダッカ(バングラデシュ)

ペニー、禁断の行為をついに・・・

ペニイィィィィィ!

思わず声をあげてしまった。

f:id:sumebamiyaco:20201226154147j:plain

ぴょこぴょこぴょこ・・・

Cさんから送られてきた写真には、ペニーがグレースにのしかかり「あの行為」にはげむ様子がしっかり記録されていた。

わたしたちはペニーのジェンダーについていささかの問題も感じていないが、よそさまのお嬢さんに手を出すのはちょっとねえ 🤣

 

ところでグレースは、Cさんから天然おバカちゃんと呼ばれており、似たもの同士のペニーが仲良くさせてもらっていることは大変ありがたい。

そこへ黒ラブのポリーちゃんが加わって3頭になった。

ポリーはワケあってCさんと別居しているが、クリスマス休暇を一緒に過ごすべく合流してきた。

f:id:sumebamiyaco:20201226155827j:plain

ポリーは性格が穏やかなだけではく、Cさんが「こんな賢い子は見たことがない」というほどしっかりしているらしい。

たとえばペニーとの遊び方がグレースとはまったく違う。

グレースとペニーは、がっぷり四つに組んでどったんばったんする仲で、大きなグレースがペニーにお腹を見せて「やられてあげる」ことも珍しくない。対等な関係だ。

だがポリーは、そういうことは決してしない。ペニーとはとても優しく遊んであげながらも、上位者としてきっちりあしらっているような感じらしい。

 

こういう幅の広さはペニーにとって本当にいい勉強だと思う。

幼くして野良犬になったペニーは、きょうだいや仲間による社会化の訓練がされておらず、おそらくそのせいで知らないイヌや人間とのコミュニケーションがうまくない。

今回、ポリーとグレースからいろんなことを学ぶことで、ペニーの「幅」が広がることを切に願っている。

f:id:sumebamiyaco:20201226162618j:plain

ところで賢いポリーちゃんは、もしもペニーがキンダンの行為をしかけてきたらどう反応するのかね。

なんというかちょっと恥ずかしくて、Cさんには尋ねられずにいる。

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ