Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活~ただ今アメリカにコロナ退避中

ペニーが殺処分されるリスク

うちからクルマで15分のところにわんこのご機嫌な遊び場がある。

グレンカーリン・ドッグパークという公園で、これがなかなか風光明媚。

f:id:sumebamiyaco:20200701095835j:plain

おすまし

広大な森と、それをつらぬいて流れる小川はどこをとっても絵になるが、驚いたのはドッグパークといいながらフェンスで囲まれていないこと。

周囲は静かな住宅地で、その気になればわんこが飛び出していける。アメリカ人って大らかだよね。

 

ドッグパークはペニーにとってはまたとない社会勉強の場だし、この子も全力で楽しんでいるから有難い。

f:id:sumebamiyaco:20200701093534j:plain

「ちわっ」

この公園にどれくらいわんこが来ているかというと、園内のひとつのスポットに最大で15頭ぐらい集まっていることがあり、なかなかの混雑ぶりだ。

f:id:sumebamiyaco:20200701093654j:plain

街コンみたいな?

イヌが多いということは人間も多いわけだが、なかにはとんでもなく危険なことをする人がいる。

その日、ワンワンと賑やかな岸辺に、3歳くらいの幼児を連れた女性がいたのだが、その人は興奮したわんこがすごい勢いで駆け回るただ中に娘さんをボーッと立たせていた。

体重40~50kgの巨犬に突き飛ばされたらどうするのか。

じゃれて歯を立て合うわんこが誤って噛みついてくる可能性を考えていないのか。

こんなアホな親でも子供に何かあったら訴訟騒ぎになるのだろうと溜息つきそうになった瞬間、遠くから全速力で女の子のほうに向かってくるペニーが目に入った。

こんなチビでも潜在的な破壊力は抜群。人間を攻撃する気などさらさらなくとも、なにかの拍子に危害をくわえる可能性ゼロではない。

 

ペェニイイイイイッ

 

恐怖のシーンに胸をわしづかみにされ、あらんかぎりの大声を出したら、ペニーさんひょいと振り返って針路変更。おもわず胸を撫でおろした。

もしもペニーが幼児を「襲う」ことがあったら、最悪のばあい殺処分になることを覚悟せねばならない。

つまりあの親は、我が子ばかりでなく、あのとき公園にいたわんこのすべてをそういうリスクにさらしていたといえる。

f:id:sumebamiyaco:20200701093609j:plain

大人専用じゃないけどジョーシキってもんがねえ

渡る世間はホトケばかりじゃないし、アホもけっこういるし、がんばって生きていこうねペニーさん。

そういえばまだ彼女が泳いだところを見たことがない。

水には勢いよく飛び込むけど、足がつくとこ専門。

f:id:sumebamiyaco:20200701093624j:plain

ブル「お前カナヅチなん?」

みんな楽しそうに泳いでるから、ペニーも仲間に加われたらいいのに。

本式にトレーニングする手もあるが、今のところはなんとかペニーを深みに誘導しようとケチな工夫をしている。

うまくいったらご紹介。

ブログのランキングというのがあって、これをポチしていただくとたいへん励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ