Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ 現在転勤の谷間で米国滞在中

保護犬通信

こんな不運ってあるだろうか

直接会ったことはないがわたしたちが大変お世話になったひとが人生のどん底に突き落とされた。 サウスカロライナ州に住むパム・ナリーさんは、長年ペットレスキューの活動をしてきた。 サウスカロライナなど南部諸州は保護犬・保護猫の「生産地」として知ら…

いいとこ取りのペニー、だから「雑種」はスゴイ?

DNA鑑定でペニーの正体が判明したわけだが、これに大金を投じたのは彼女の病気リスクを調べておきたかったから。 〇〇犬は白内障になりやすいとかいうやつ。それらは遺伝性疾患と呼ばれ、純血種のわんこに多いといわれている。 ペニーはミックスだからリ…

ペニーの凶暴性開発?!

保護犬の預かりをしていたとき、やりたくてもガマンしていたことがあった。 それはロープを使ったこんな遊び。 ペニーは無駄吠えしないキャン鳴きしない物静かな娘なのに、ロープをくわえたときだけは年季の入ったスケバンみたいになります。 【音が出ます】…

「フランス人なので」に拍手5個

サウスカロライナの野良犬だったペニーがわたしたちのところへ来たのは、ワシントンDCエリアで活動するレスキュー団体を通じてだった。 この団体にボランティアとして協力して以来、ダッカへ去ったあとも一斉メールやSNSを通じたつながりがあり、ペニー…