Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまラオス

ゴーガン不遜な〇〇式

ビエンチャン市内のメルセデスベンツのディーラーのすぐ近所で、中華BEVが全焼した。 動画にはバチン!ババン!という爆発音とともに車体下部から炎が噴き出す様子がはっきりと映っていた。床の下にはバッテリーが敷き詰められており、おそらくそれが火元…

でっかくて健康な男が

アメリカに来るたび ドアが重い~。 まずドアノブが固く、嘘みたいな力でないと回らないことがある。 ドアの押し引きにも渾身の力を振り絞ることが多い。 個人宅は別として、アメリカの公共的な建物は概してドアの通過が拷問になりがち。 高齢者、子供、女性…

あぶねえあぶねえ

今回、義両親の家を活用させてもらっている。 アメリカへ着いてから3日ほど泊めていただいたほか、ラオスへ送る物資の発送基地として利用させていただいた。 家はかなり立派なものだが、築22年が過ぎてあちこちに問題が出始めている。 わたしたちの滞在中…

なぜラオスで?!

キムジョン将軍ひきいるあの国がらみで、また妙なことになっている。 サッカーW杯の予選で日本との試合を直前にキャンセルして不戦敗を喫した北朝鮮は、6月に行われるシリア戦とミャンマー戦に勝たなければW杯への出場はない。 それらの試合は、いずれも…

怒鳴る日本男児

5月15日、バンコクからJALで羽田まで飛んだゴルファーの君。君はこの日スワンナプーム空港で一番かっこわるい日本人だったと思う。 ファーストクラスのチェックインカウンターに群がった君たち一行は、よく日焼けした肌に充実のゴルフライフを感じさせ…

過去最高額?の散財

バージニアの COSTCO で頑張ってみた。 ラオスへの引越し荷物の「追加分」としてアメリカからいくばくかの物資を送ることができる。ラオスでは手に入らないもの、売られてはいるが高いものなどを買い集めている。食品やサプリ、クスリなどが中心で、そのほか…

盛大にコケる

アメリカへの旅の最初にバンコクで一泊したのは、妻の再検査のため。3月の人間ドックで肺に影が見え、最悪の場合にそなえて経過観察に。今回はレントゲンではなくCTスキャンで精密な検査をすることになった。 妻はCTスキャンが初めてで、痛いのそれ?な…

ペニーの抱き方

ペニーをひと月ものあいだ預かってもらえるとは思っていなかった。 どこ行くの? なんでかというと、ご一家は5月いっぱいでアメリカに戻ることになっていたから。それまで2週間も預かっていただけるのなら御の字で、後半の2週間はドッグホテルに移すつも…