Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまラオス

あと何年いけるだろうか

妻と一緒になって22年が過ぎた。 あのころ生きていたひとの何人もが亡くなり、新しい命が誕生して「メンバー」の入れ替えが進み、白髪が増え、腰が曲がり(これはまだだな)、がんばると後がつらい(これはマジ)年代になってきたが、妻との仲良く楽しい暮…

階段はワンコまみれ

エアコン掃除の脇にちらりと写っていた掛け軸ふうのタペストリーに目をとめた方からコメントをいただいた。 ひとつは確かに北斎だが、すでにお気づきのごとく・・・ ワンコを描き込んだおふざけの一品。 故郷の土産物店で買ってきた。妻は四季の絵柄を揃えた…

突然聞こえなくなった轟音

突然連絡が来て、エアコンのメンテナンスをするという。前回のクリーニングは異音が高らかに鳴ったから来てもらったものだが、今回は何も頼んでいない。 クリーニング済み以外の5台は動作がかなり怪しく、温度がふらついたり、いつの間にかOFFになってい…

それマナーやった?!

日本人は知能指数が下がっているのかと、真面目に心配している。 まず、以下のような問いを発する人物が存在するらしい。 新幹線で「窓側指定席」を予約したのに、「通路側」の人が「真ん中」の肘掛けを使っていました。この場合、「指定席代」を一部でも請…

盛大にヨタつく

ルアンプラバンへの旅で、絹織物の工房の楽しさとラオス航空のヨタつきぶりが印象に残ったわけだが、妻は今回公用でルアンプラバンへ行った。 きのう入ったレストランは竹づくしの食器が可愛らしくて気に入ったらしい。 とはいえここは外国人向けの高級店で…

1円でも2円でもチャリーン

ふたたび妻の職場のラオス人スタッフのことなんだけど、最近生まれてはじめての海外旅行を敢行したお兄ちゃんがいる。行先はシンガポール・・・と聞いてピンときた方はするどい。そう、テイラー・スウィフトのコンサート。何万円もしたであろうチケットに航…

使いたくないものを渡される

ビエンチャンにはいろんな日系のレストランがあり、それぞれが個性的でおもしろい。ドレスデンという旧東ドイツの中核都市(第二次大戦中には連合国の爆撃によりズタズタにされた)があり、その名を冠したバーが東京西新宿にあり、なぜか海外の支点がひとつ…

これは楽しみ

前回、「ペニーは庭に出るとき、ハーネスを目にするなり興奮し、そのあたりに落ちているオモチャをくわえて出て行こうとする」と書いた件、でっかいボールを持ってこられると往生する。 これではハーネスを通らない。諄々と説得して、いったん放していただき…