Pennyと地球あっちこっち

日米カップルの国際転勤生活 ~ ただいまブリュッセル(ベルギー)

日本ちょっとおかしい?

公園を散歩中、すれちがった若いカップルのうち女性のほうが、 ♪ちゃららら ちゃっちゃ ちゃっちゃっちゃーん と高い声で歌った。二流の映画で中国イメージを出すときに鳴らすあれだ。 そのタイミング、声の調子、通りすぎてから クククッ という笑いが聞こえて…

たとえばサイアクの上司が来たとしよう

たとえばの話、こんな都市があったとしよう。 深刻な大気汚染、水の悪さ、慢性的な交通渋滞、感染症の大流行といった悪条件にくわえ、テロの可能性が高く、駐在する外国人は自由に出歩くことも許されない。 戦争状態にある国以外では生活条件が世界最悪レベ…

ブリュッセル、説明のつかない現象

まずはブリュッセル物価事情の続き。 また野菜じゃねえかと叱られそうだが、仮住まいでモノを増やすわけにもいかず、ほぼ食い物にしかお金を使っていない。日曜マーケットでの買い物は、 ■ 野菜とリンゴ 11.20ユーロ(約1500円) ■ 赤い実のついた…

ペニーさん、怒涛の公共交通機関デビュー

車窓にかぶりつくペニー。 アメリカでは自家用車にしか乗ったことのなかったペニーだが、ブリュッセルでクルマが手に入るのはまだまだ先のことだから、徒歩圏外へ出るためには公共交通機関のお世話になる。 ブリュッセルでは、バス・地下鉄・トラム共通の M…

うっかり行列に並んでしまう週末

一日をとおしてすっきり晴れるなんて、ブリュッセルへ来て2週間で初めてのこと。 そりゃ浮かれて出かけましたとも。 まあまあの高級店もあれば、ごく庶民的な店もある商店街を歩く。 とあるパン屋の行列が目を引いた。 「そういやアメリカ人って列つくんな…

ベルギー暮らしで助かること、困ること

ダッカの暮らしとはいろんなことが変わったわけだが、ああ楽やなあと思うのはサラダづくり。話のスケール小さすぎやが。 ダッカでは買ってきた野菜をすべて消毒する面倒にはじまり、サラダづくりにも手間がかかった。 レタスやホウレンソウなど葉物がおっか…

ペニーさん、ひさびさの豪快ジャンプ

朝の散歩からもどったら体重が200倍になって動けなくなり、ブログはコメント返しするのが精いっぱいというテイタラクのため、本日はペニーの近況についてごく短く。 ブリュッセル着から2週間たらず、ここまで封印してきた棒投げ遊びを堪能していただいた…

ぶっかけられちゃった将軍様

ブリュッセルの王宮を背にして新市街を歩き出すと、すぐにユニクロがあり(店内未チェック)、そのあたりから始まるワーブル通りを歩くと、雰囲気が一変する。 アフリカ系の食料品店、洋服屋、床屋、レストランなどが連なっており、通行人の大半が黒い肌をし…